mull

ふれあい食育教室
ふれあい食育教室

わたしたちは、食を通じた学びの場と絆づくりの機会を広げ、人と社会の健康を応援しています。

未来の"おいしい"をつくる食育教室

2008年から神奈川県内の小中学校を中心に食育活動「ふれあい食育教室」を実施し、子どもたちが早期に"食の大切さ"や"共食(きょうしょく)"を楽しく学ぶ機会を創出しています。
従来から実施していた、食の正しい知識を学ぶ講義と調理実習がセットになったフルプログラムに加え、2014年からは1時限の中で収まるミニプログラムを設定。より多くの子どもたちに学びの機会を提供しています。これまでに約5,200人もの方々にご参加いただいました。

プログラムの紹介

《ミニプログラム》 (45分)
当社社員によるオリジナルプログラム。クイズやゲーム形式で学ぶ講義と簡単な調理実習を通じて、味やおいしさを感じる仕組み、お肉の効能などについて学びます。


《フルプログラム》 (120分)
料理学校講師またはフードコーディネーターによるプログラム。衛生管理や栄養バランス、お肉の効能について学ぶ講義と、調理実習・試食を通して、食事の大切さと共食の楽しさを学びます。


《お弁当プログラム》 (120分)
お弁当箱の選び方やおかずの詰め方、栄養バランスの取り方などを学んだのち、主菜のお肉料理や浅漬けを子どもたちに調理してもらいます。お弁当を作る体験を通じながら、料理の楽しさ、食の大切さを伝えています。

  • 横浜会場(本社)
  • 横浜会場(本社)
  • 横浜会場(本社)
  • 横浜会場(本社)

ふれあい食育教室 参加人数

2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
642名 444名 1,125名 463名 105名

TOPに戻る