再生可能エネルギーの利用促進

太陽光発電システムの導入

2013年度の津山工場に続き、2015年度は技術研究所でも太陽光発電による売電を開始しました。この2拠点で、一般家庭約340世帯相当の年間消費電力を発電することが可能です。
エバラ食品では、これからも再生可能エネルギーの利用促進により環境負荷の低減に貢献するとともに、工場などの屋根や緑地帯など、資産の有効活用を図っていきます。

  • null
  • null

TOPに戻る