mull

経営計画

2019~23年度 中期経営計画 Unique 2023 ~エバラらしさの追究~

(2021年5月に公表)

基本戦略

Ⅰ.コア事業による収益強化と戦略事業の基盤確立
Ⅱ."エバラらしく&面白い"ブランドへの成長

連結数値目標

営業利益28億円、海外売上高20億円、ROE6%

国内市場における超高齢化、世帯人数の減少、共働き世帯の増加、人口減、社会の成熟化に伴うニーズの多様化に加え、デジタルテクノロジーの進展、ミレニアル・Z世代等の新たな消費者層の拡大、アジアの成長や経済のグローバル化等、国内外の事業環境は大きく複雑に変化しております。
中期経営計画「Unique 2023」では、さらに激しく変化する事業環境において、新価値創造による強い企業成長を目指すため、基本戦略を「コア事業による収益強化と戦略事業の基盤確立」「"エバラらしく&面白い"ブランドへの成長」と定めました。
当社グループは、このような環境変化に迅速かつ的確に対応していくために、チャレンジ精神を持ち、自発的に価値を生み出し続ける人材が必要不可欠だと考えております。企業成長に向けたチャレンジを継続し、エバラの独自性、面白さに磨きをかけて、当社グループの根幹を支えるコア事業(食品事業の家庭用事業、物流事業、広告宣伝事業、人材派遣事業)の収益拡大を図ってまいります。また、将来の成長ドライバーとなる戦略事業(食品事業の業務用事業・海外事業・チルド事業・コンビニエンスストア及びECへの取り組み等)を推進し、国内外で新たな需要、市場を開拓することで、事業規模の拡大とエバラブランドの育成を図ります。
なお、業務用事業の事業区分に関して、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、外食を取り巻く環境や人々の消費行動に変化が見られるなか、当事業の変革を通じて、エバラブランドの更なる成長の機会に繋げていくため、第2フェーズのスタートとなる2021年度より、コア事業から戦略事業へと変更しております。

Unique 2023 第2フェーズ (2021~22年)の取り組み

(2021年5月に公表)

Unique 2023 第1フェーズ(2019~20年度)の取り組みUnique 2023 第1フェーズ(2019~20年度)の取り組み

「Unique 2023」の第2フェーズ(2021~22年度)においては、当初想定していた国内外の環境変化に新型コロナウイルス感染症の影響が加わり、一層変化する事業環境を踏まえ、以下の課題に取り組んでまいります。

  • ① 基幹品の収益力強化と生活に寄り添う商品の開発
    • ・重点販売商品として、『黄金の味』、ポーション調味料の販売規模の維持拡大を図ります。
    • ・基幹品のブランド価値を高め、収益力強化を図ります。
    • ・これからの生活者の価値観や環境に寄り添った商品・サービスの開発を推進します。
  • ② 外部環境の変化に対応した収益モデルの構築と事業基盤の確立
    • ・市場変化に応じた商品の選択と集中、及び販路の拡大を図ります。
    • ・国内外のR&D・生産管理体制の整備を通じて、事業基盤を強化します。
    • ・グループ全体のシナジーを高めるため、事業ポートフォリオの最適化と経営資源の再配分を進めます。
  • ③ エバラブランドの成長
    • ・継続的な人事制度改革に取り組み働きやすい職場環境を整えるとともに、チャレンジ精神と自発的成長の文化を醸成し、Uniqueな人材を育成します。
    • ・モノづくりプロセスにおける付加価値の最大化を推進し、攻めと守りの製品戦略により、市場へのアプローチの機会を拡げてまいります。
    • ・デジタルコミュニケーションをより一層進め、エバラブランドとお客様の接点を拡大します。
    • ・サプライチェーン全体の最適化とデジタルトランスフォーメーションやSDGsへの取り組みを含む持続可能性への対応を推進します。

2021年度の計画値

(百万円) 2021年度
実績
売上高 41,340
営業利益 1,781
営業利益率 4.3%

(注)2022年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)等を適用するため、下記の連結業績予想は当該会計基準等を適用した後の金額となっております。

TOPに戻る