経営計画

2014~2018年度 経営ビジョン Evolution 60

(2014年5月に公表)

将来的な国内市場は、超高齢化、世帯人数の減少、共働き世帯の増加、人口減、社会の成熟化に伴うニーズの多様化という社会変化はさらに進展し、食に対するニーズも、簡便・省時間を軸に圧倒的な多様化が進むと予想されます。
そのような認識のもと、エバラ食品グループは、2014年度から創立60周年を迎える2018年度までの期間を見据え、長期的な経営ビジョン「Evolution 60」を策定しました。基本とする戦略方針を「エバラブランドの価値向上」と「ニッチ&トップポジションの確立」と定め、"たれの進化"と"コミュニケーションの進化"を経営の軸とし、国内市場での安定的収益と海外市場での成長基盤の確保を図ることで、継続的な成長の実現を目指しております。

基本戦略

エバラブランドの価値向上
ニッチ&トップポジションの確立

・たれを進化させる ・コミュニケーションを進化させる

目標

国内の安定的収益と、海外での成長基盤の確保

・各事業を磨き抜いて進化させる

長期的な連結業績目標として、「Evolution 60」の最終年度となる2018年度において、安定的に営業利益率4%を超える利益水準及び海外売上高10億円を目指します。また、商品力、ブランド価値及び独創性の向上を軸に経営品質を高め、企業価値を持続的に創造する経営を推進していくことで、ROE5%以上を目標としております。

連結業績目標

2018年度に、営業利益率4.0%超、海外売上高10億円、ROE5%以上を目指す

中期経営計画 ~ Evolution 60 第2ステージ ~ (2016~2017年度)

(2016年5月に公表)

nullnull

「Evolution 60」の第1ステージである2014年度及び2015年度においては、新価値提案のプロモーションにより既存主力商品の底上げを行うとともに、社会変化に対応する新たな価値として、『プチッと鍋』に代表されるポーション調味料を市場に定着させ、国内市場における収益基盤を強化してまいりました。
第2ステージである2016年度及び2017年度においては、これからの企業成長には、多様化への抜本的な対応と、企業体力を高めて変化を乗り切ることが必要であるとの認識のもと、以下の課題に取り組んでおります。

第2ステージの取り組み

  • ① 家庭用既存商品の収益力強化
    ・既存主力商品のラインナップ刷新により、収益力強化に取り組む
  • ② ポーション調味料のさらなる拡充
    ・内製化を含めた多様化への対応を進め、『プチッと鍋』に代表されるポーション調味料のさらなる拡充を図る
  • ③ 業務用事業の収益改善
    ・商品構成の見直しにより、業務用事業での利益貢献を推進する
  • ④ 継続的成長力の確保
    ・海外事業を成長ドライバーとして位置付け、事業規模を拡大させる
    ・チルド及びコンビニエンスストアへのアプローチを強化する
  • ⑤ 事業基盤の強化
    ・成長を支える基盤となる次世代価値を創出する生産体制を構築する
    ・各事業の課題解決に向けて、スピードを高めた業務遂行体制を整備する
    ・持続的な成長の実現に向けて、人材育成の充実とブランド強化に取り組む

第2ステージ(中期経営計画)の数値目標とその進捗状況

(百万円) 2016年度2017年度
計画実績計画見通し
売上高 51,377 51,365 52,000 52,200
営業利益 1,609 1,864 1,820 1,830
営業利益率 3.1% 3.6% 3.5% 3.5%

※計画は、2016年5月に公表した 「Evolution 60」 第2ステージの数値目標です。

※2017年度の見通しは、2017年5月10日に公表した数値です。

TOPに戻る