経営計画

2019~23年度 中期経営計画 Unique 2023 ~エバラらしさの追究~

(2019年5月に公表)

基本戦略

Ⅰ.コア事業による収益強化と戦略事業の基盤確立
Ⅱ."エバラらしく&面白い"ブランドへの成長

連結数値目標

営業利益28億円、海外売上高20億円、ROE6%

国内市場における超高齢化、世帯人数の減少、共働き世帯の増加、人口減、社会の成熟化に伴うニーズの多様化に加え、デジタルテクノロジーの進展、ミレニアル世代等の新たな消費者層の拡大、アジアの成長や経済のグローバル化等、国内外の事業環境は大きく複雑に変化しております。
前5ヵ年計画「Evolution 60」では、国内での安定的収益と海外での成長基盤の確保を目指し、連結数値目標である営業利益率4%、海外売上高10億円、ROE5%の全ての項目を達成しました。また、エバラブランドの価値向上とニッチ&トップポジションの確立を図り、当社グループの強みを進化させました。
新中期経営計画「Unique 2023」では、さらに激しく変化する事業環境において、新価値創造による強い企業成長を目指すため、基本戦略を「コア事業による収益強化と戦略事業の基盤確立」「"エバラらしく&面白い"ブランドへの成長」と定めました。当社グループの究極の差別化要素は「ブランド」と「人材」であり、チャレンジ精神を持ち、価値を生み出し続ける人材こそが成長の源泉だと考えております。企業成長に向けたチャレンジを継続し、エバラの独自性、面白さに磨きをかけて、当社グループの根幹を支えるコア事業(食品事業の家庭用事業及び業務用事業、物流事業、広告宣伝事業、人材派遣事業)の収益拡大を図ってまいります。また、将来の成長ドライバーとなる戦略事業(海外事業、チルド事業、コンビニエンスストア及びECへの取り組み等)を推進し、国内外で新たな需要、市場を開拓することで、事業規模の拡大とエバラブランドの浸透を図ります。

Unique 2023 第1フェーズ(2019~20年度)の取り組み

(2019年5月に公表)

Unique 2023 第1フェーズ(2019~20年度)の取り組みUnique 2023 第1フェーズ(2019~20年度)の取り組み
  • ① 『黄金の味』の売上伸長
    • ・価値提案型の施策を通じてお客様との接点強化を図り、『黄金の味』の熱烈なファンづくりを推進します。
  • ② 「ポーション調味料」の市場拡大
    • ・メニューバリエーションや利便性の訴求を継続し、年間定番化を図ります。
  • ③ 業務用事業の収益力強化
    • ・拡販商品の選択と集中の推進に加え、顧客ニーズに寄り添った商品開発を通じて提案営業の強化、販路の拡大を図ります。
  • ④ 戦略事業の基盤確立に向けた取り組みの強化
    • ・海外事業におけるR&D機能と生産管理機能の基盤整備を行い、商品ラインアップの拡充及び新市場開拓を進めます。また、
      他の戦略事業においても、商品開発等の成長に向けた機能整備に取り組みます。
  • ⑤ エバラブランドの成長
    • ・継続的な人事制度改革に取り組み、「働きやすい」「働きがいのある」職場環境を整えるとともに、チャレンジ精神と自発的成長の文化を醸成します。
    • ・デジタルコミュニケーションを発展させ、お客様とのコミュニケーションの幅を広げます。
    • ・SCM本部を軸とした環境変化をとらえたサプライチェーン全体の最適化を図ります。
    • ・事業活動を通じてSDGs等を踏まえた社会的価値の創造に取り組みます。

2019年度の計画値

(百万円) 2018年度2019年度
実績計画
売上高 51,306 52,484
営業利益 2,392 2,270
営業利益率 4.7% 4.3%

TOPに戻る