中長期目標と進捗状況

2018年度の創立60周年に向けた経営ビジョン「Evolution 60」に合わせ、「環境への取り組み」も2018年度に向けた中長期目標を設定し、グループ一丸となって取り組んでいます。

中長期目標

エバラ食品グループ(国内4社)

課題指標基準年度2018年度までの
達成目標
OA用紙の削減 購入枚数 2013年度 20.0%削減
CO2(電気・ガス)の削減 CO2排出量原単位※自社3工場(生産重量) 2013年度 5.0%削減
CO2排出量原単位※営業・研究所・物流の各拠点(面積) 5.0%削減
CO2排出量原単位※★グループ本社(面積) 2014年度 4.0%削減

エバラ食品

課題指標基準年度2018年度までの
達成目標
廃棄物の削減 返品率 2012年度 0.20%以下
リサイクルの向上 リサイクル率★ 2014年度 リサイクル率改善
省エネ法に基づくエネルギーの削減 エネルギー消費原単位※工場等にかかる措置 5年平均1.0%削減
エネルギー消費原単位※荷主にかかる措置 5年平均1.0%削減

★は2015年度、新たに設定した指標。

※CO2排出量原単位およびエネルギー消費原単位とは、事業活動による二酸化炭素(CO2)量やエネルギー使用量を生産重量や面積などで割った数値。

中長期目標の進捗状況

エバラ食品グループ

課題対象部門指標2018年度までの計画
OA用紙の削減 エバラ食品
グループ
購入枚数 20.0%削減
CO2(電気・ガス)の削減 自社3工場 CO2排出量原単位
(生産重量)
5.0%削減
営業・研究所・物流の各拠点 CO2排出量原単位(面積) 5.0%削減
グループ
本社
CO2排出量原単位(面積) 4.0%削減
2016年度の目標2016年度の結果達成状況
15.0%
削減
16.4%
削減
3.0%
削減
0.8%
削減
×
3.0%
削減
14.7%
削減
2.0%
削減
13.0%
削減

エバラ食品

課題対象部門指標2018年度までの計画
廃棄物の削減 営業部門 返品率 0.20%以下
リサイクルの向上 自社3工場 リサイクル率 99.0%以上
省エネ法に基づくエネルギーの削減(工場等にかかる措置) エバラ食品全体 エネルギー消費原単位 5年平均1.0%削減
省エネ法に基づくエネルギーの削減(荷主にかかる措置) エバラ食品全体 エネルギー消費原単位 5年平均1.0%削減
2016年度の目標2016年度の結果達成状況
0.20%以下 0.11%
99.0%以上 99.3%
5年平均
1.0%削減
5年平均
1.2%削減
5年平均
1.0%削減
5年平均
2.2%削減

TOPに戻る