資本政策・株主還元方針

資本政策

当社の資本政策につきましては、長期的な企業価値の向上を図るため、持続的な利益成長と設備投資を含む戦略的な投資を可能とする強固な財務基盤を確保することを基本としております。また、当社は中期経営計画において、営業利益、自己資本利益率(ROE)の目標を設定しております。当社の持続的成長を支える、商品力、ブランド力及び独創性を高めることで、企業価値の向上を図ってまいります。

株主還元方針

当社は、将来の事業展開と経営体質の強化のために、必要な内部留保を確保しつつ、連結純資産配当率(DOE)及び業績の状況を勘案し、できる限り安定的な配当を継続することにより、株主の皆様のご期待に沿ってまいりたいと考えております。また、当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行う方針であります。なお、当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる旨を定款に定めております。
内部留保資金につきましては、今後予想される様々な経営環境の変化に対応し、さらなる発展と飛躍を目的として、事業分野の拡大や研究及び開発体制の強化、生産設備の拡充等に、柔軟かつ効果的に投資してまいりたいと考えております。
自己株式の取得につきましては、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の実施等を目的として、適宜検討してまいります。

配当の状況

TOPに戻る