省資源

エバラ食品グループでは、低負荷型社会を実現するため、商品の容器や包装の軽量化、簡素化に取り組んでいます。この取り組みは、限られた資源を有効に使うだけでなく、商品の輸送にかかるエネルギーの削減や家庭ゴミの減量化にもつながっています。

主力商品の容器(びん・PETボトル)の軽量化

容器の強度や商品の品質を維持しながら、容器の軽量化を進めています。

  • びん:黄金の味 210g

    びん:黄金の味 210g
  • びん:すき焼のたれ 300ml

    びん:すき焼きのたれ 300ml
  • びん:おろしのたれ

    びん:おろしのたれ
  • PETボトル:浅漬けの素 500ml

    PETボトル:浅漬けの素 500ml
  • PETボトル:生姜焼のたれ

    PETボトル:生姜焼きのたれ

主力商品の包装(ラベル)の薄肉化、キャップの軽量化

商品の包装に使用するラベルやキャップについても「黄金の味」や「浅漬けの素」などの主力商品から順次ラベルの薄肉化やキャップの軽量化に取り組んでいます。

ラベルの種類重量(g/枚)削減(g)
黄金の味 210gのラベル 0.80→0.57 ▲0.23
浅漬けの素 500mlのラベル 1.42→1.30 ▲0.12
キャップの種類重量(g/個)削減(g)
びんやPETボトルの一部の商品のキャップ 8.4→8.0 ▲0.4

OA用紙の削減

会議時のプロジェクターの使用や電子帳票の導入、両面印刷、縮小印刷を徹底し、OA用紙使用量の削減を進めています。

中長期目標

2016年度の目標

2016年度の実績

購入枚数

2018年度 2013年度比 20.0%削減

15.0%削減

16.4%削減

  • エバラ食品グループのOA用紙購入枚数

    null
  • null

    プロジェクターを使った会議

TOPに戻る