知る・楽しむ

風味豊かで渋味が香る食物繊維の王様

ごぼう

野菜の中でもトップクラスの食物繊維を含んでいるごぼう。
独特の香りと素朴な味わい、ごぼうならではの歯ごたえが嬉しい根菜です。

押さえるべきポイントは?

ごぼうの
おいしい楽しみ方

選び方選び方

あまり太過ぎず、まっすぐで太さが均一なものを選びます。ひげ根は少ないものの方が良いです。泥つきのものと洗われたごぼうがありますが、風味が良く、長持ちするのは泥つきのものです。

おいしい食べ方おいしい食べ方

きんぴらや煮物、かき揚げにするほか、炊き込みご飯や豚汁など汁物に入れると風味が活きます。茹でてサラダにしてもおいしいです。切り口が空気にふれると色が変わってしまうので、切ったらすぐに水にさらします。

保存方法保存方法

泥つきのごぼうは新聞紙などで包み、風通しの良いところで常温保存します。洗いごぼうはラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

もっと知ると面白い

ごぼうの豆知識

  • 食用にごぼうを食べるのは
    日本だけ!?
    ごぼうは原産地の中国から朝鮮半島を経由して薬草として渡来。日本で野菜として作物化された珍しい来歴をもつ野菜です。世界中でも、野菜として食用にしている国はほとんどありませんが、日本では独特の香りと滋味あふれる素朴な味わいが、古くから愛されています。
  • 食物繊維のみでなく栄養豊富!
    ごぼうの栄養素の特徴は食物繊維だけではありません。強い抗酸化作用のあるタンニンなどポリフェノールが多く含まれているため、風邪予防やアンチエイジングなどに効果があります。ほかにも高血圧予防によいとされるカリウムや、貧血予防によいとされる葉酸も含まれています。

どこからやってくるのかな?

ごぼうの産地を知ろう

ごぼう 旬:10月~12月
産地:青森・茨城

新ごぼう 旬:4月~6月
産地:宮崎・熊本

葉ごぼう 旬:2月~3月
産地:大阪・香川

監修:料理研究家 管理栄養士 岩﨑啓子

TOPに戻る