知る・楽しむ

やさしい甘み、キュートなフォルムの伝統野菜

葉

かぶ

かぶ

そのまま食べれば歯ざわりよく、
煮ればほろほろに。
やさしい甘みで、
とろけるような幸せを運びます。

押さえるべきポイントは?

かぶの
おいしい楽しみ方

選び方選び方

葉は鮮やかな緑のものが新鮮です。根は白くツヤがあり、ずっしりと重みのあるものが良品。ひげ根はまっすぐに伸びているものを選びます。

おいしい食べ方おいしい食べ方

根に含まれるジアスターゼは、熱に弱いので浅漬けや漬け物が一番の調理法です!煮物などにする場合、煮崩れを起こしやすいので、加熱しすぎには注意が必要です。葉の部分は脂溶性のβ―カロテンが豊富なので、炒めたりすることで栄養がとりやすくなります。

保存方法保存方法

葉が根から水分などを引き上げてしまうため、葉は根から切り落とし、別々に保存しましょう。根の部分は乾燥しないよう、新聞紙などにくるんで冷蔵保存します。

もっと知ると面白い

かぶの豆知識

  • 淡色野菜?緑黄色野菜?
    かぶは、淡色野菜に分類されますが、それは根の分類を指していて、実は葉の部分は緑黄色野菜!淡色野菜である根の部分は、消化酵素が豊富で胃腸にやさしく、緑黄色野菜である葉の部分はβ-カロテンやビタミンCに富んでいるため健康維持に有効だとされています。秋から冬にかけて甘みの増すかぶをまるごと楽しんで、寒い季節も元気に過ごしましょう!
  • 伝統野菜、かぶ。
    かぶの歴史は古く、弥生時代には日本に渡来したと言われています。戦後に栽培や流通の効率化を図り、多くの野菜ではその産地や種類が減ってしまいましたが、かぶは現在でも約80もの品種が存在し、聖護院かぶ(京都)、片平あかね(奈良)、万木かぶ(滋賀)などといった、各地域特産の伝統野菜が根強く残っています。

どこからやってくるのかな?

かぶの産地を知ろう

春夏かぶ 旬:3月~8月
産地:千葉・埼玉・青森

秋冬かぶ 旬:10月~2月
産地:千葉、埼玉

監修:料理研究家 管理栄養士 岩﨑啓子

TOPに戻る