知る・楽しむ

みずみずしさが命の、さわやかな夏野菜

きゅうり

約95%が水分でできている、
みずみずしさたっぷりのきゅうり。
カリッとした歯ざわりや
さわやかな香りは暑い夏にぴったり!

押さえるべきポイントは?

きゅうりの
おいしい楽しみ方

選び方選び方

イボがとがってチクチクと痛いほどのものが新鮮で、曲がっていても全体の太さが均一なものが良品。先が細くなっているものはスが入っている場合あり!

おいしい食べ方おいしい食べ方

サラダや浅漬けにするのが一番!
軽く塩をふってまな板の上で転がす「板ずり」をすると、イボがとれて緑色が鮮やかになります。普通に切って使うほか、すりこ木などでたたいて割れ目を入れてから手で割ると、味のなじみが良くなります。

保存方法保存方法

冷やし過ぎると傷むため、ポリエチレン袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。みずみずしさが命なので、3~4日で使い切るのがポイント!

もっと知ると面白い

きゅうりの豆知識

  • きゅうりの語源は?
    きゅうりの語源は、中国西域の胡から伝わったので「胡瓜」など、諸説ありますが、黄色い瓜、「黄瓜(きうり)」というのが有力だとか。
    緑色のきゅうりは未熟果で、熟すと黄色くなります。
    かつては黄色く熟したものを食用にしていたようです。
  • きゅうりは
    ビタミンCを破壊する?
    きゅうりには、ビタミンCを壊すアスコルビナーゼという酵素が含まれていて、ビタミンCを多く含む食材と一緒に調理すると効果が弱くなります。
    酢を使って調理すると活性が下がるため、ドレッシングを使ったサラダや酢の物にするのがオススメです!

どこからやってくるのかな?

きゅうりの産地を知ろう

夏秋きゅうり 旬:7月~9月
産地:群馬・福島・岩手

冬春きゅうり 旬:3月~5月
産地:宮崎・群馬・埼玉・千葉

監修:料理研究家 管理栄養士 岩﨑啓子

TOPに戻る