知る・楽しむ

いろんな料理でお役立ち!旨味たっぷりのきのこ

しめじ

アミノ酸をたっぷり含んでおり食べると
口の中に旨みが広がるしめじ。
和洋中どんな料理にも合い、
食卓を賑わせます。

押さえるべきポイントは?

しめじの
おいしい楽しみ方

選び方選び方

かさが小ぶりで開きすぎず、軸が白くてハリと弾力のあるものが新鮮です。株が小さくばらけずに、全体にひと株になっているものを選びます。

おいしい食べ方おいしい食べ方

炒め物や煮物、鍋物など、和洋中、調理法を問わず、どんな料理にも合います。石づきの部分を切り落とし、手で食べやすく分けて使います。

保存方法保存方法

小分けにしてキッチンペーパーを敷いた密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存し、2~3日を目安に使います。冷凍保存もでき、みそ汁などには凍ったまま入れて煮ます。

もっと知ると面白い

しめじの豆知識

  • 旨み成分たっぷりの
    味の良いきのこ
    「香りまつたけ、味しめじ」と言われますが、その場合のしめじとは「天然のほんしめじ」を指し、ほとんど手に入ることはありません。しめじと言えば、主に栽培ものの「ぶなしめじ」。旨み成分のアミノ酸を豊富に含み、味が良いのが特長です。
  • しめじについている
    白い綿のようなものは?
    しめじの軸に白い綿のようなものがついていることがあります。これは「気中菌糸(きちゅうきんし)」と言って、きのこの一部です。少し苦味がありますが、食べても大丈夫です。

どこからやってくるのかな?

しめじの産地を知ろう

本しめじ 旬:9月~11月
産地:岩手・福島

ぶなしめじ 旬:9月~11月
産地:長野・新潟

監修:料理研究家 管理栄養士 岩﨑啓子

TOPに戻る