知る・楽しむ

ねばねば食感がたのしい健康食品

葉

独特の粘り食感を持ち滋養強壮作用がある長芋。
ねばねばからホクホクまで、
いろいろな食感を楽しめる野菜です。

押さえるべきポイントは?

長芋の
おいしい楽しみ方

選び方選び方

ずんぐりとしていてひげ根が多く、ずっしりと重みがあり、切り口が変色していないものが新鮮です。

おいしい食べ方おいしい食べ方

生のまま刻んだり、すりこ木でたたいて浅漬けやサラダ、あえものにするほか、すりおろして麦とろご飯やとろろそば、山かけに。煮物や炒め物、揚げものなど、加熱調理をしても美味です。調理の際は、手を酢水でぬらしてから切ったりすりおろしたりすると、かゆみを防ぐことができます。また、皮をむいた後の変色を防ぐには酢水にさらしてアク抜きし、その後さっと水洗いすると、ぬめりもとれます。

保存方法保存方法

丸ごとなら新聞紙に包んで冷暗所に保存します。使いかけのものは、ラップできっちり包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

もっと知ると面白い

長芋の豆知識

  • 輸出量も多い
    ヘルシー食材
    長芋は日本の生鮮野菜輸出の主要品目。薬膳や健康志向を好む食生活の影響で、輸出量を伸ばしてきました。輸出先は、台湾、アメリカ合衆国、香港、シンガポール共和国など。
  • 加熱方法で様々な食感が
    楽しめる!
    生で食べるとシャキシャキとした歯ざわりですが、加熱するとサクサク、さらにじっくり火を通すとホクホクとした食感に変わります。すりおろして使う場合も、生ではトロトロですが、加熱するとフワフワになるなど、色々な食感が楽しめます。

どこからやってくるのかな?

長芋の産地を知ろう

長芋 旬:9月~11月
産地:北海道、青森

監修:料理研究家 管理栄養士 岩﨑啓子

TOPに戻る