お肉全般の効能

(01)お肉の必須アミノ酸で「健康な体」を作ろう

お肉の必須アミノ酸で「健康な体」を作ろう

お肉を食べることは、人が健康に生きるために大切なことです。牛肉や豚肉、鶏肉などは、20種類のアミノ酸からなるたんぱく質を豊富に含んでいます。このうち、人間の体で作り出すことができない9つのアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。

イメージ

このアミノ酸バランスが整った食品が「良質たんぱく質」で、その代表格がお肉や魚などの動物性たんぱく質です。よく、大豆などの植物性たんぱく質が健康によいといわれますが、必須アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア)という点では、動物性たんぱく質のほうが優れています。

たんぱく質は筋肉や臓器などを作る材料になります。つまり、「体そのものを作る」という点でも動物性たんぱく質は優れているのです。

エバラおすすめ
お肉メニュー

お肉全般の効能

東京農業大学 名誉教授 鈴木 敏郎(すずき としろう)先生
監 修
東京農業大学 名誉教授
鈴木 敏郎(すずき としろう)先生

プロフィール

1980年3月
東京農業大学大学院研究科農芸化学専攻(博士後期過程)終了(農学博士)
1981年4月
CSIRO(オーストラリア)食品化学部門食肉研究所へ2年間留学
1983年4月
東京農業大学農学部総合農産加工実習所助手
2003年4月
東京農業大学応用生物化学部食品加工技術センター教授
2007年4月
東京農業大学農学部畜産学科教授へ所属変更
2012年4月
東京農業大学農学部 学部長
2016年3月
東京農業大学退職
    4月
東京農業大学名誉教授 現在に至る

著書:食品加工技術概論(共著)、食肉・肉製品の科学(共著) 他

2019年4月現在

おいしさのポイント
お肉の調理法

TOPに戻る