風邪

風邪のひき始めや風邪予防には、βカロテンやビタミンAなどの免疫力を高める栄養素を含む食品を食べることがおすすめです。風邪をひいたときには胃腸に優しい食品や、体を温める作用や解熱の期待できる栄養素を含む食品を摂ることが重要です。風邪の症状や状態によって必要な栄養素は変わってきますので、状況によっておすすめの食品をお選びください。

effective effective

風邪に効果的な野菜

carrot02 にんじん carrot02 にんじん

にんじんはβカロテン、ビタミンA、ビタミンCが多く、
免疫力を高める効果が期待できます。
ビタミンAは粘膜を正常に保つ効果があるため、
鼻やのどの粘膜を強化することで風邪予防になるでしょう。

もうひと工夫でもっと効果的! 気にしておきたい
食べ合わせ
  • 大根

    殺菌効果のある大根は、風邪予防に効果があるので、にんじんと組み合わせることさらに風邪予防効果があるでしょう。

  • たまねぎ

    粘膜の炎症を抑えてくれます。にんじんの粘膜を強化する効果と組み合わさることで、のど風邪・鼻風邪に効果的です。

  • りんご

    にんじんと組み合わせることで抗酸化ビタミンであるビタミンA・C・Eが強化され、免疫力アップが期待できます。

radish 大根 radish 大根

大根に含まれる辛味成分のイソチオアネートは、
のどの炎症を抑え、咳を抑える効果があります。
殺菌効果もあるため、風邪のひき始めに良いでしょう。
消化酵素も含まれるため、胃腸の働きを助けます。
葉や皮にはビタミンCが豊富に含まれるため、風邪予防にも効果的です。

もうひと工夫でもっと効果的! 気にしておきたい
食べ合わせ
  • トマト

    トマトはビタミンCが豊富なので、免疫力をアップさせ、風邪に効果的です。

  • はちみつ

    大根と同様にのどの炎症を抑える効果があり、咳止めにも効果的です。

  • しょうが

    しょうがは殺菌効果があり、血液循環を良くする作用があります。

選び方や保存方法の豆知識を見る

greenonion 長ねぎ greenonion 長ねぎ

ねぎに含まれるアリシンには殺菌効果があり、
のどや口の中の風邪ウイルスの繁殖を抑えます。
体を温め代謝を促す効果もあります。
ねぎの香りに含まれる成分には体を温め、
発汗を促し熱を下げる効果があるため、
熱が上がってしまった時に食べるのもおすすめです。

もうひと工夫でもっと効果的! 気にしておきたい
食べ合わせ
  • しょうが

    ねぎとともに、発汗作用、消化機能をサポートする働きがあります。

  • 鶏肉

    肉類の中でも脂身が少なく、消化に優しいので、風邪の治りかけにはスープなどにして組み合わせると良いでしょう。

  • れんこん

    れんこんには炎症を抑える効果があり、ねぎと組み合わせることで風邪改善効果が上がります。

園部 裕美(そのべ ひろみ)
管理栄養士として病院栄養士、飲食店運営を経て、陸上競技実業団専属栄養士としてチームの栄養サポートに従事した後、独立。
現在は、プロ野球選手、Jリーガー、陸上長距離等の国内外のプロアスリートから、その他競技問わずプロからアマチュアアスリート、ジュニアアスリートの保護者や指導者まで幅広くサポートしている。また、予防医療の分野にも携わり、一般の方の健康増進、妊活等のセミナー、ワークショップ、栄養サポートを行っている。
写真:園部 裕実 先生

他の悩みを見る(野菜診断TOP) 他の悩みを見る(野菜診断TOP)

TOPに戻る