すきやきとわりしたの歴史

すきやきとわりしたの歴史

わりした

わりしたとは、だしを醤油や酒、砂糖などで味付けしたもので、すき焼きなどの鍋物のほか、親子丼などの丼ものにも使われます。寄せ鍋などに用いられる「つゆ」との違いは味の濃さにあり、わりしたの方がつゆより濃い目であることが一般的です。
わりしたの細かなレシピは作る人によって異なり、なかには秘伝のわりしたが代々受け継がれているお店もあります。わりしたはすき焼きの味を決める大きなポイントといえるでしょう。

すき焼のたれを使ったおすすめレシピ 和牛のキノコの味わいすき焼き
×

TOPに戻る