土鍋でローストビーフが作れるってホント?

土鍋でローストビーフが作れるってホント?

鍋料理が増える冬場。毎日のように使うので、コンロの上にいつも土鍋がのっているという家庭も多いのでは? じんわりと具材を加熱する土鍋を鍋料理だけに使うなんてもったいない。この冬はほかの料理にも活用しましょう。
まず、おすすめなのが、炊飯に使うこと。米の対流を起こしながら、じっくりと加熱してくれるので、ふっくらと炊き上がります。炊き込みごはんを作るのもおいしいですよ。お焦げを楽しめるのも土鍋ならでは。

蒸し料理にも! 弱火でじっくり加熱

蒸し料理にも! 弱火でじっくり加熱

土鍋は蒸し料理にも向いています。肉や魚、野菜を鍋に入れ、酒を少量ふり、ふたをして弱火でじっくりと加熱してみてください。具材のうまみが引き出されるので、いつもの食材がぐんとおいしくなるはず。そのとき、根菜と葉物では火の通る時間が違うので、先に根菜類を蒸して、次に白菜などの葉物を加えるというように時間差で加熱するのがコツ。スープ作りにも土鍋をぜひ使ってみましょう。
ローストビーフも土鍋でできちゃいます

ローストビーフも土鍋でできちゃいます

さらに見逃せないのが、なかなか冷めにくい土鍋の保温効果です。ベテランの土鍋使いさんには、ジャム作りやパン生地の発酵に使ったり、茶碗蒸しの加熱に使う人もいるそうです。
オーブンのような加熱効果が得られるので、ローストビーフ作りに使うこともできます。深めの土鍋にたっぷりのお湯を沸かしたら火を止め、表面をフライパンで焼いてから調味料と一緒に耐熱保存袋に入れた牛肉を入れて50〜60分おけば、ジューシーなローストビーフの出来あがりです。
土鍋を使うときの注意点は、ぬれたまま火にかけないこと。必ず乾かしてから、使うようにしましょう。空炊きも厳禁です。また、熱い土鍋に水をかけるなどして急に冷やすと、急激な温度変化で鍋が割れてしまうことがあるので注意してくださいね。
黄金土鍋肉ごはん
おすすめレシピ!

黄金土鍋肉ごはん

米と、牛肉と、黄金の味。それだけで、極上の味わい。このおいしさは、黄金の味だけ!

取材協力・監修/五十嵐ゆかり(管理栄養士)
 取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る