Instagramで人気! 管理栄養士・中井エリカの「生姜焼のたれ」で作る きのこのヘルシー作り置きおかず

Instagramで人気! 管理栄養士・中井エリカの「生姜焼のたれ」で作る きのこのヘルシー作り置きおかず

あと一品足りないときに重宝するのが、きのこを使った作り置きおかず。短時間で簡単に作れて材料費も安く、おまけに低カロリーといいことづくめなんです。Instagramで人気の管理栄養士・中井エリカさんが提案するのは、「生姜焼のたれ」を使ったきのこの副菜。香ばしい焼き色をつければ写真映えもバッチリです。

たっぷりきのこの生姜焼き

たっぷりきのこの生姜焼き

こんにちは、中井エリカです。スーパーなどで気軽に買えて、値段もお手頃なきのこ。実は美容にいい成分たっぷりの優秀食材でもあるんです。食べごたえがあるのに低カロリーだから、ダイエット中のおかずにもオススメ。今回は3種のきのこを使った副菜レシピをご紹介します。

 使ったのはコレ!

使ったのはコレ!

生姜焼のたれ
フレッシュな生姜の風味がうれしい一品。甘すぎず辛すぎないバランスの取れた味だから、子どもから大人まで安心して食べられます。ほどよいとろみのおかげで時間が経っても味が偏りにくく、作り置きおかずにピッタリ。
作り方

作り方

しめじは石づきを取り、まいたけと一緒に食べやすい大きさにほぐします。エリンギは2~3ミリくらいの薄切りにしておきましょう。準備ができたらフライパンにごま油をひき、きのこを入れて炒めます。このとききのこをあまり動かさずに、焼き目をつけるのがポイント。

しっかりと焼き目がついたら「生姜焼のたれ」を加えて、汁気を飛ばすように混ぜながら炒めます。「生姜焼のたれ」は味のバランスがとてもよく、これひとつでおいしく仕上がるのがいいですね。最後に白いりごまを全体にふりかけて出来あがりです。

栄養たっぷりポイント

栄養たっぷりポイント

かさがあるのに脂質がゼロに近いほど低カロリーなきのこは、ダイエット中にも安心して食べられる食材です。食物繊維が豊富なので、お腹の調子をととのえて便秘の予防や改善にも効果的。カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富なので、チーズや牛乳などの乳製品と一緒に食べるのもオススメです。

さらにきのこには、健康な肌や髪をつくるビタミンB群や、むくみを解消しやすくするカリウムも多く含まれていて、美容にもピッタリ。毎日の食事に積極的に取り入れてほしい食材なんです。今回はしめじ、まいたけ、エリンギを使いましたが、きのこの種類は変えてもOK。そのときの気分や冷蔵庫の中身を見ながら、ぜひアレンジを楽しんでみてくださいね。

作り置きでもおいしく食べるには

作り置きでもおいしく食べるには

水気の少ない炒めものは、作り置きにピッタリ。保存に使う容器はしっかり洗って乾燥させておくと、日持ちがよくなります。保存できる期間の目安は、冷蔵庫で1~2日くらい。少し時間が経つと「生姜焼のたれ」の風味がきのこによくしみ込んで、出来たてとはまた違ったおいしさが出てきます。しっかりした味付けで白ごはんともよく合うおかずです。

PROFILE
 中井エリカ(なかい・えりか)Instagram:@erika_pyyys
 管理栄養士。大学卒業後、企業の社員食堂で献立作成の仕事に携わったのち退職し、現職に。子育てのかたわら、フリーの管理栄養士として活動する。自身のInstagramアカウントでは栄養面に配慮した作り置きレシピを発信し、人気を博する。学研プラス「FYTTE」、主婦と生活社「ar」、情報誌「暮らしの知恵」他、レシピ掲載実績多数。

TOPに戻る