楽しくて豪華、でも実はラク!ホットプレートを使いたおす

楽しくて豪華、でも実はラク!ホットプレートを使いたおす

今夜は焼肉!というときに大活躍するホットプレートですが、一度出すと片づけるのが面倒ですよね。実は、ホットプレートは主菜も副菜も一緒に調理できるので、普段の食卓やおもてなしに大活躍するとっても便利な調理器具なんです。最近は手軽に使えておしゃれなデザインのものも増えてきて密かなブームに。今回、ホットプレートを使いたおすアイデアを管理栄養士の五十嵐さんに教えてもらいました!

パンもソーセージも一緒に焼いちゃおう♪

パンもソーセージも一緒に焼いちゃおう♪

ポイントは、ホットプレートを大きなフライパンと考えること。フライパンで作れるものは、ホットプレートでもできると考えましょう。

ホットプレートを朝食作りに活用するのはとってもおすすめ! プレートのスペースを分けながら、食パンやごはん、ソーセージやハム、卵、カットした野菜を焼けば、一気に調理することができます。お子さんに手伝ってもらうこともできそうです。

夜は、バイキングのようにいろいろな具材を用意し、みんなで焼きながら食事。塩、こしょうだけでなく、焼肉のたれやポン酢、マヨネーズなど、複数の調味料をあらかじめセットしておけば好きな味で楽しめます。さらに溶けるチーズ、ナッツ類など、トッピングにもなる具も用意すれば、パーティ気分で食卓が盛り上がりますね。
ドライカレーやタコライスも簡単!ホットプレートで

ドライカレーやタコライスも簡単!ホットプレートで

肉も卵も野菜もごはんも一緒に楽しめるというホットプレートの利点を活かすと、メニューの幅も広がります。例えばドライカレー。ホットプレートの上で、たまねぎ、にんじん、ピーマン、挽き肉を炒め、カレールウを加えて水けがなくなるまで加熱するだけ。半分食べたところで、チーズやカットトマトを加えると、味の変化が楽しめます。
また、焼肉のシメに、タコライス風チャーハンはいかがでしょう。ホットプレートに残った肉汁と混ぜながら、具とごはんを炒めたら火を止めます。最後にちぎったレタスやカットしたトマトなどを加えれば、あっという間に出来あがり。ホットプレートをどんどん活用しましょう!
ホットプレートでカレーパーティー
おすすめレシピ!

ホットプレートでカレーパーティー

キーマカレーを鍋ごとホットプレートにのせてアツアツを食べよう!

取材協力・監修/五十嵐ゆかり(管理栄養士)
 取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る