春なのに元気が出ない!そんなときに食べたい野菜とは?

春なのに元気が出ない!そんなときに食べたい野菜とは?

陽気がよくなってきたのに、なんとなく元気が出ないという方はいませんか? もしかすると冬の疲れが残っていて、季節の切り替えに体がついていっていないのかもしれません。
春先は寒暖の差が大きいこともあって、体調を崩しやすい季節です。元気を取り戻すために、まずは体を冷やしていないか、服装や生活を見直してみましょう。暖かくなってきたからといって薄着でいたり、お風呂をシャワーで済ませていたりすると、知らず知らずのうちに体が冷えていることがあります。

注目はデトックス食材!

注目はデトックス食材!

食事には旬の野菜をたっぷりと。とくに季節の変わり目にとりたいのが、デトックス食材です。積極的に取り入れて、デトックスをサポートしましょう。おすすめは、ふきやたらの芽などの山菜、三つ葉やせりなどの香りのよい野菜です。東洋医学では野菜の苦みや香り成分は、体の巡りをよくして、滞ったものを追い出すのに役立つといわれています。また、春が旬のたけのこも食物繊維が豊富なので、おなかの調子を整えて免疫力を高めることが期待できます。アク抜きが必要な野菜はアク抜きをしてから料理に使用しましょう。
山菜たっぷりのパスタをぜひ!

山菜たっぷりのパスタをぜひ!

食べるときは、温かい料理で。春先は消化機能が落ちやすいとされているので、胃腸にやさしい料理を心がけましょう。おすすめは山菜をたっぷり入れたパスタやリゾット。たらの芽などの山菜なら、天ぷらにするのもおいしいですし、緑たっぷりの山菜鍋もいいですね。合わせる食材は、鶏の胸肉やささみなど、消化がよいものを。豆腐を入れると、カロリーを控えながら満足感も得られます。
山菜ペペロンチーノ
おすすめレシピ!

山菜ペペロンチーノ

春らしい味わいの和風ペペロンチーノ。

取材協力・監修/五十嵐ゆかり(管理栄養士)
 取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る