話題の「めんべん」★おいしく食べる4つのコツ

話題の「めんべん」★おいしく食べる4つのコツ

4月からお弁当作りが必要になるママも、いつもどおりお弁当を作るママも、毎日のおかずに頭を悩ませているのでは? そんなときのお助け弁当が、今話題の麺弁当です。麺の具に肉や野菜をたっぷり使えば、ごはんが主食のお弁当よりおかずの数が減らせるので、調理時間の短縮になります。

パスタならペンネやマカロニがおすすめ

パスタならペンネやマカロニがおすすめ

麺弁当をランチタイムにおいしく食べるコツをご紹介します。
★コツ1 
時間がたっても食感が変わりにくい麺を選ぶこと。おすすめは、蒸しタイプの中華麺です。うどんもおすすめ。パスタなら、ロングパスタより、ペンネやマカロニなどのショートパスタのほうが向いています。ロングパスタに比べ、時間をおいても、もちっとした食感が残りやすいからです。
★コツ2
麺を調理するときは、油で炒めるのが食感を残すポイントです。中華麺やうどんなら、油で炒めて焼きそばや焼きうどんに。パスタの場合も、オリーブ油でしっかり炒めましょう。
具だくさんで栄養と満足度をアップ♪

具だくさんで栄養と満足度をアップ♪

★コツ3
具は肉やキャベツ、にんじんなどお好きなものを。具だくさんにすることで、ボリュームが出て栄養バランスがよくなるだけでなく、食感がよくなり、よくかむことになるので、満足感がアップします。子ども向けのお弁当なら、赤パプリカや黄パプリカを星や花の野菜型で抜いて、さっとゆでてから、麺の上に飾りとしてのせてあげると、彩りがぐんとよくなります。また、プチトマトやフルーツもお弁当に添えれば、さらに栄養バランスがよくなります。
★コツ4
もうひと手間かけるなら、食べる直前に、焼きそばや焼きうどんならごま油やラー油、パスタならオリーブ油を少量、かけてみてください。風味がよくなるので、食欲をそそります。油は、しょうゆを入れる小さい容器などを使うと持ち運びに便利です。
うどん弁当 五目まぜそば
おすすめレシピ!

うどん弁当 五目まぜそば

プチッとうどんの素で、手軽に冷たい麺弁当。ガッツリいける、魚介豚骨醤油味!

取材協力・監修/五十嵐ゆかり(管理栄養士)
 取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る