免疫力アップにも効果あり!?「海のミルク」とよばれる栄養豊富な貝類って?

免疫力アップにも効果あり!?「海のミルク」とよばれる栄養豊富な貝類って?

まだまだ寒さの厳しい季節。栄養たっぷりで体が温まるものが食べたいですよね。
この時季のおすすめ食材といえば、冬が旬のかきです。かきは「海のミルク」とよばれるくらい栄養が豊富。なかでも、鉄分は100g当たり1.9mg含まれています(※1)。
女性は毎月、生理があることもあり、どうしても鉄分が不足しがち。更年期以降も不足傾向は続くため、日本人女性のほとんどの世代は、鉄分の摂取量が足りません。
厚生労働省が推奨する女性(15~69歳)の1日の鉄分摂取量は、10.5mg。育ち盛りの10代前半では14mg必要です(※2)。鉄分は吸収率が低い栄養素なので、かきのように鉄分が豊富な食材は、貧血対策にぴったりなのです。

※1 参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」
※2 参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

免疫力にも影響する亜鉛がたっぷり

免疫力にも影響する亜鉛がたっぷり

そして、もう一つ、かきの栄養で注目したいのが亜鉛の豊富さです。亜鉛は免疫力に影響を与える栄養素。体調管理に気をつけたい受験シーズンでもありますから、かきを食べて風邪にかかりにくい体を目指しましょう。また、亜鉛は味覚にも関係します。とくに加工食品をよくとる人は、リンのとりすぎになりがち。その影響で、味覚が落ちていることがあります。亜鉛を豊富に含むかきを食べて、味覚障害の予防を心がけたいものです。
かきはビタミンCと一緒に

かきはビタミンCと一緒に

かきのおすすめの食べ方は、ビタミンCが豊富な食材と一緒にとること。ビタミンCには鉄分の吸収を助ける働きがあるからです。と考えれば、新鮮な生がきにレモンをかけて食べるのは、実はとても理にかなっているのです。ただ、かきは食あたりも心配です。生で食べるときは、必ず「生食用」のものを選んでください。
また、かき鍋にすると、体も温まり、より風邪予防に効果が期待できます。加熱用のかきを使い、しっかり火を通して食べましょう。このときも、ビタミンCが豊富なニラを組み合わせるのがおすすめです。

ニラどっさり牡蠣のキムチ鍋
おすすめレシピ!

ニラどっさり牡蠣のキムチ鍋

牡蠣とニラの組み合わせで体ポカポカ、元気モリモリ!

取材協力・監修/五十嵐ゆかり(管理栄養士)
 取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る