体を温める生姜。実は○○○に合うんです!

体を温める生姜。実は○○○に合うんです!

なんとなく体調が悪い、肌のくすみやハリのなさが目立つ。そんなショボンとした自分が気になる人は、体が冷えているのかも。女性にとって冷えは大敵。冷えると血管が収縮し、血行が悪くなります。そうなると、新陳代謝に欠かせない栄養や新鮮な酸素が届きにくくなり、老化を進めてしまうことにもなりかねません。気持ちにも影響し、やる気が失われてしまうこともあります。
「とくに冷えやすいのが手足。衣服でしっかり温めるともに、体の内側から食べ物で温めましょう」と話すのは、管理栄養士・料理研究家の五十嵐ゆかりさんです。

体を温めるといえば生姜! 飲み物で手軽に

体を温めるといえば生姜! 飲み物で手軽に

五十嵐さんがすすめるのは、体を温める働きのある食材を積極的にとること。中でも生姜に含まれるショウガオールには、血管を拡張し、血行を促す効果が期待できます。
「ショウガオールは生の生姜より、乾燥させたり、熱を加えた生姜に多く含まれるといわれています。乾燥させるのはちょっと面倒なので、熱を加えて使ってください」
お手軽なのが、飲み物に加えること。紅茶に加えると、香りもスパイシーなジンジャーティーになります。
ココアにも入れよう!生姜パワー

ココアにも入れよう!生姜パワー

そしてもう一つ、五十嵐さんのおすすめが、ココアに混ぜること。
「寒さは体にとって外的ストレスになり、代謝を低下させる原因になってしまいます。でも、ココアに含まれるテオブロミンには、リラックス効果があるんですよ。ココアの甘さも心をほっとさせますし、生姜も加えて、ぜひ冬の飲み物の定番にしてください」
生姜は皮にも栄養が豊富ですが、口あたりが悪くなるので、飲み物に入れるときはよく洗い、皮をむいて、すりおろして。すりおろした生姜は冷凍保存しておくことができます。
アスパラガスのカニあんかけ
おすすめレシピ!

アスパラガスのカニあんかけ

旬のアスパラガスに、とろーりまろやかなあんが絡んでおいしい!

取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る