ワーキングママを助ける、時短調理のワザを発見!

ワーキングママを助ける、時短調理のワザを発見!

毎日の食事に頭を悩ませているワーキングママは多いはず。時短と栄養、おいしさもかなえるには、テクニックが必要です。
「まずは買い物のしかたを見直して。毎日、仕事帰りにスーパーに寄るより、休日のまとめ買いをしましょう」とアドバイスするのは、管理栄養士・料理研究家の五十嵐ゆかりさんです。

肉や魚は調味だれにつけて冷凍

肉や魚は調味だれにつけて冷凍

まとめ買いのポイントは、まず買い物に行く前に冷蔵庫をチェックすること。何がたりないのかを調べてから出かけると、無駄な買い物をせずに済みます。
買い物が終わったら、野菜は食べやすい大きさに切って、それぞれラップにくるんだり、ファスナーつきの袋に入れたりして、冷蔵庫にストックしやすい状態にします。
「買ったまま冷蔵庫にしまう人は多いのですが、調理でいちばん面倒なのが切る作業。時間に余裕のある休日に切っておけば、それだけで平日の手間が省けます」
野菜も冷凍できるものは冷凍庫に。実は、日もちしにくいきのこも冷凍すればいいそう。肉や魚は食べやすい大きさに切ったら、たれに漬けておきます。たれは市販のものでOK。しょうが焼のたれや、やきとりのたれなどに漬けておけば、味もよくしみ込み、おいしく食べられます。
「冷蔵庫での保存は2~3日が目安。それ以上になるときは、冷凍庫に入れてください」
食べるときは、たれごと炒めたり、煮ることで味つけの手間も省けます。このとき一緒に野菜も加えれば、栄養バランスもよくなります。
オーブンは時短の強い味方!

オーブンは時短の強い味方!

そして時短調理にぜひ活用したいのがオーブン。天板に並べてスイッチを入れるだけで料理が出来あがるので、その間、ほかの料理を作ることができます。
「オーブン料理は余分な水分が抜けて、うまみが凝縮されるのがメリットです。切った肉や野菜にオリーブ油やごま油をかけて、塩・こしょうをふって焼くだけでもいいんです。これからの季節、根菜類のオーブン焼きもおすすめです」
冷凍ストック 豚肉とたまねぎの炒めもの
おすすめレシピ!

冷凍ストック 豚肉とたまねぎの炒めもの

味付冷凍ストックしておけば、焼くだけ簡単!

取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る