武田真由美さん おすすめ! 節約食材大集合♪団らんちゃんこ鍋 武田真由美さん おすすめ!

節約食材大集合♪団らんちゃんこ鍋

「お給料日前や、今月は出費がかさんでお財布がピンチ!」なんてときや、「欲しいものがあるから節約したい!」といったときには、この鍋がおすすめです。
使う具材はどれも、安定して買いやすく、リーズナブルな節約食材です。鍋料理は体もポカポカ温まり、室温も上がるので、暖房費の節約にもなりますよ♪

武田真由美さん おすすめ! 節約食材大集合♪団らんちゃんこ鍋
調理時間 エネルギー
15 351kcal
塩分:2.8g たんぱく質:30.3g

※調理時間以外の作業がある場合「+」が表示されます。

材料(2人分)

豚こま切れ肉 150g
キャベツ(ざく切り) 1/4個
もやし 1袋
かいわれ大根(根元を切る) 1パック
木綿豆腐(一口大) 1丁
エバラプチッと鍋 ちゃんこ鍋 2個
300ml

作り方

Step 1

① 鍋に「プチッと鍋」と水を入れて火にかけます。

Step 2

② かいわれ大根以外の材料を加え、約10分煮込みます。

Step 3

③ 仕上げにかいわれ大根を加えて、出来あがりです。

icon
  • ・切る食材はほとんどないので、かいわれ大根は包丁を使わずキッチンばさみで根元を落とし、木綿豆腐とキャベツは手でちぎっても大丈夫です。
  • ・かいわれ大根は、生で食べると辛みが強い野菜ですが、火を通すことで辛みが飛んで食べやすくなります。

栄養情報

※1人当たり。スープを75%摂取として算出しています。

  • エネルギー
    351kcal
  • たんぱく質
    30.3g
  • 脂質
    18.8g
  • 炭水化物
    15.7g
  • 食塩相当量
    2.8g
武田真由美さんの
プチッと鍋コラム

こんにちは!武田真由美です。日々、節約生活を楽しく過ごしています。そんな私が大好きな節約生活に、「鍋料理」は欠かせません。特に冬は、「鍋料理」が大活躍します。「節約と鍋料理ってどんな関係があるの?」って思いますよね。節約と鍋料理には3つの関係があります。

その1:食費節約になる
その2:光熱費節約になる
その3:献立が一発で決まる

1つずつ、詳しくお話しますね。

icon

【その1:食費節約になる】

冷蔵庫にありませんか? 使いかけの食材や微妙に余った食材、買いすぎてしまった在庫食品とか。中途半端に余らせて使わないまま…。そんな食材ロスをなくして、使いきっていく(=食べきっていく)ことが、一番の食費節約になります。(←これだけでも、相当な食費を節約できます)
食材ロスをなくすことと「鍋料理」って、関係ある?って思いますよね。
微妙に余った使いかけの食材(野菜・肉・大豆製品)などを、土鍋に集合させれば、それだけでちゃんと晩ごはんになります。使いかけの食材だけだと、「この食材で、何作っていいか分からない」って悩んでしまうこともあるかもしれませんが、鍋料理だと悩まずに仕上がります。そして、無駄なく食材をおいしく食べきることができます。土鍋に集合させるだけなのに、スゴイですよね!

【その2:光熱費節約になる】

「鍋料理」を食べていると、だんだん体の芯から“ポカポカ”してきませんか? ときには、食べているうちに汗ばんでくることもあります。体が芯から温まると、食べた後もポカポカが続きます。また、卓上コンロで鍋を囲んでいると、室温も上がり、鍋料理から出る湯気で湿度も上がるので、部屋全体が暖かくなります。体が温まり、部屋も暖かくなれば、寒い冬でも暖房の設定温度を下げることができますので、光熱費の節約につながるというわけです。

【その3:献立が一発で決まる】

「晩ごはん何作ろう?」と悩むことってありますよね。「メインおかず作って、サブおかず作って、汁物作って…、あ~もう大変!」そんなときは、「鍋料理」で一発OK! メインおかずも、サブおかずも、汁物も、すべてがひとまとめになったのが「鍋料理」です。味付けも、「プチッと鍋」があれば、土鍋に「プチッと」と入れるだけ! 味付けを悩まずにすみますよね♪ 家にある食材をうまく使いこなせるので、献立が決まらなくて「とりあえず、お惣菜買って済ませようかな?」なんて日が減ります。←これ、食費節約にググっと貢献!

icon

というわけで、わが家の冬の節約生活には、「プチッと鍋」が大活躍します。ラクチンで、手軽で、簡単にできる♪冬の節約生活、「プチッと鍋」で始めてみませんか♪

武田真由美さん
武田真由美さん
プロフィール

節約&簡単&時短の3拍子揃った料理を得意とし、料理や節約ワザを毎日つづったブログが反響を呼んでいる。節約しても、簡単に作っても、“ちゃーんとおいしいレシピ作り”、料理が苦手な人にも“作りやすいレシピ作り”がモットー。

武田真由美さんの公式ブログはこちら別ウィンドウ

TOPに戻る