マロン・マジックで冷凍食品が大変身!【3】一品で盛り上がれる たこ焼きアヒージョ

マロン・マジックで冷凍食品が大変身!【3】一品で盛り上がれる たこ焼きアヒージョ

ホームパーティーだからといって、品数をたくさん作らないといけないと思ったら大間違い。見た目がにぎやかで味変ができるひと皿なら、一品でも十分に大皿料理以上の役目を果たしてくれます。
しかも、冷凍のたこ焼きを使えばパーティーに必要な盛り上がりも期待できる、そんなレシピを人気のフードスタイリスト、マロンさんに教えてもらいました。
「プチッと鍋」で味変できるソースも添えれば、やみつきになるほど無限にいくらでも食べられちゃいます。

味変できるソースがあれば無限ループのたこ焼きアヒージョ

味変できるソースがあれば無限ループのたこ焼きアヒージョ

一から作っても盛り上がるたこ焼きだけれど、時には冷凍食品のたこ焼きをアヒージョの具材にしてみては?
たこ足やミニトマト、じゃがいもからきのこまで、オリーブオイルと相性がいい野菜で、家にあるものなら何でもOKなので、たくさん入れ込んで栄養とボリュームをフォロー。冷凍食品を利用していたとしても、豪華な一品に仕上がります。
しかも、ちょっと小洒落て見えるスキレットや厚手の鍋で作って、そのままど〜んとテーブルに出せば、彩りもボリュームも、演出もパーティー向き。それだけでも十分おいしいけれど、味変できるソースとバゲットを添えれば、大人も子どもも無限に食べ続けられる一品です。

材料 (4人分)

材料 (4人分)

・冷凍たこ焼き……12個(400g) 温めておく
・茹でだこ……100g ひと口大に切る 
・じゃがいも……2個(250g) 5mmの厚さに切る
・にんにく……2片 包丁の腹で潰す
・エリンギ……大1/2本 ひと口大に切る
・ミニトマト……6個 底に十字の切り込みを入れる
・赤唐辛子……1~2本
・ローリエ……1~2枚(あれば)
・パプリカパウダー……適量
・オリーブオイル……大さじ3+1/2カップ
・パセリ……適量 みじん切り
・バケット……適量 薄切り
・塩・粗挽き黒こしょう……各少々

【ソースA】(混ぜ合わせておく)
・プチッと鍋 キムチ鍋……1個
・トマト……1個 5mm角切り
・たまねぎ……1/4個 みじん切り
・ピーマン……1個 みじん切り
・オリーブオイル……小さじ2
・にんにく……1片 みじん切り
・レモン汁……小さじ1
・塩・粗びき黒こしょう……各少々

【ソースB】(混ぜ合わせておく)
・マヨネーズ……大さじ6
・卵黄……1個
・にんにく……1片 すりおろす 
・ケチャップ……小さじ1
・しょうゆ……小さじ1/2
・砂糖……少々
・オリーブオイル……小さじ1
・塩・粗びき黒こしょう……各少々

作り方

作り方

(1)じゃがいもは耐熱皿に並べ、軽くラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。
(2)フライパンにオリーブオイル(大さじ3)を熱し、にんにく、赤唐辛子、ローリエを入れ、香りが立ったらミニトマトを加え炒める。
(3)(1)のじゃがいも、茹でだこ、エリンギを炒め、パプリカパウダー、塩・こしょうを加え、温めておいたたこ焼きを入れて炒め合わせる。
(4)オリーブオイル(1/2カップ)を注ぎ、煮立たせる。塩・粗びき黒こしょうで味を調え、彩りにパセリ、パプリカパウダーをふり、バケット、【ソースA】【ソースB】を添える。

上手に作るポイント

上手に作るポイント

いきなり大量のオイルに具材を入れて煮るのではなく、オリーブオイルで具材を炒めながら香りや味を引き出し、最後にオイルをたっぷりプラスするのが、おいしく作るコツ。味変のソースは、にんにくとオリーブオイルの風味に負けないパンチのあるものを用意して。
ソースAのサルサは、「プチッと鍋 キムチ鍋」を使うと野菜のさっぱり感に辛味だけでなく、出汁の複雑さが加わり豊かなソースに。
ソースBは卵黄を入れることでコクがプラスできるので、お忘れなく。

マロン流・盛り付け方のコツ

マロン流・盛り付け方のコツ

アヒージョの場合は、盛り付けにこだわらなくてもスキレットのままグツグツとオイルが煮えたまま出すのが何より豪華で見栄えもアップ。テーブルに出した瞬間の盛り上がりは間違いなしです。ただし、味変ソースは「さっぱり感」と「こっくり感 」が対比して見えるようなものを用意すると、見た目にもわかりやすくて盛り上がりはさらに倍増します。ボリュームもあるので一品で済み、ママも楽チン。切ったバゲットをたくさん用意しておけばどんどん食べてくれます。

PROFILE:マロン:1983年、日本初の「フードスタイリスト」として独立。独自の感覚で『魅せる』ハイセンスなスタイリングを武器に、雑誌、書籍、テレビ、ラジオなど多くのメディアや、全国のイベント・講演会などでダイナミックに活躍を続けている。「おいしい料理」「食の楽しさ」「食=健=美」を広く提案し続けている。(編集/ランサ―ズ)

TOPに戻る