マロン・マジックで冷凍食品が大変身!【2】具材も手間も最小限 ピリ辛からあげ

マロン・マジックで冷凍食品が大変身!【2】具材も手間も最小限 ピリ辛からあげ

パーティーでみんなに喜ばれるメニューのひとつがからあげ。でもたれに漬け込んだり、衣をつけて油で揚げると時間も手間もかかるうえ、後片付けも大変。そんなときは冷凍食品のからあげや「プチッと鍋」シリーズなどすでに完成されている調味料を上手に使ってみましょう。
時短&面倒な手間も省けて、しかも冷凍食品だとは思えないような、パーティー感も出せるという驚きの一品を人気フードスタイリストのマロンさんに教えていただきました。トータル10分以内で完成する手軽さも魅力です。

火を使わずに出来あがる!ピリ辛からあげ

火を使わずに出来あがる!ピリ辛からあげ

からあげなのに油も火も使わず、電子レンジで温め、たれを作って絡めれば完成する超時短メニューです。冷凍食品のなかでも人気のからあげ。そこにおいしくってクセになるソースを絡めるだけ。
おいしい、早い、簡単といいことずくめで「ママって天才!」って褒められるだけでなく、ホストなのに、ずっと料理してキッチンに立ちっぱなしで、せっかくの楽しいパーティーに参加できないなんてことも回避できます。

材料 (4人分)

材料 (4人分)

・冷凍からあげ……500g 電子レンジで温めておく
・長ねぎ……1本 縦半分に切り斜め薄切り
・万能ねぎ……6本 5cm長さに切る

【ピリ辛だれ】(混ぜ合わせておく)
・プチッと鍋 キムチ鍋……1個
・コチュジャン……大さじ3
*子ども向けの場合は、ケチャップを使用
・砂糖……大さじ1.5
・しょうゆ……小さじ1
・酢……小さじ1
・白いりごま……大さじ1
・にんにく……1片 みじん切り
・山椒粉……少々(あれば)
・ごま油……小さじ2

作り方

作り方

(1)【ピリ辛だれ】の材料を全て合わせ、よく混ぜておく。
(2)切った長ねぎ、万能ねぎを(1)に加える。
(3)電子レンジで温めたからあげを加え、ピリ辛だれを絡めるようによく混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

上手に作るポイント

長ネギは塩分のあるたれに合わせると水が出るので、テーブルに出す直前にネギとたれとを合わせた後、電子レンジから出した熱々のからあげとなじませると、味がよく絡んでおいしく出来あがります。
出汁の旨味が凝縮された「プチッと鍋」なら、冷凍食品の独特の風味を感じさせないようにしてくれますよ。また、「プチッと鍋」がコチュジャンをほどよくのばしてくれるので、からあげとよくなじみ、味ムラができる心配も不要です。

マロン流・盛り付け方のコツ

マロン流・盛り付け方のコツ

バスケットや深めの皿にオイルペーパーを敷いて、からあげを山のように盛ると豪華でおいしそうに見えます。ピリ辛だれのネギを1/4程度取っておいて、からあげとピリ辛だれを絡めて器に盛った後、取っておいたネギをからあげの上にのせると見た目もバッチリ!
簡単にできるので、子ども用のひと皿はコチジャンを少なめにしてケチャップを多めにしたソースで出して、大人用はレシピ通りの少し辛めのソースでもうひと皿作ってお酒のお供にしてみては? 子どもからも大人からも喜ばれます。

PROFILE:マロン:1983年、日本初の「フードスタイリスト」として独立。独自の感覚で『魅せる』ハイセンスなスタイリングを武器に、雑誌、書籍、テレビ、ラジオなど多くのメディアや、全国のイベント・講演会などでダイナミックに活躍を続けている。「おいしい料理」「食の楽しさ」「食=健=美」を広く提案し続けている。(編集/ランサ―ズ)

TOPに戻る