マロン・マジックで冷凍食品が大変身!【4】ボリューミーなひと皿 しゅうまい回鍋肉

マロン・マジックで冷凍食品が大変身!【4】ボリューミーなひと皿 しゅうまい回鍋肉

大皿で出てくる中華料理は、ホームパーティーでも鉄板のメニュー。ただたくさんの品数を作るのは面倒。そこで、ひと皿で見た目も味も量も大満足なレシピをフードスタイリストのマロンさんに教えてもらいました。
冷凍食品の中でも食べ応えがあるしゅうまいを使えば、参加者全員が満腹になれること間違いなしです。中華用の調味料がなくても「黄金の味」があれば作れますよ。

黄金の味で作れるボリュームたっぷりのしゅうまい回鍋肉

黄金の味で作れるボリュームたっぷりのしゅうまい回鍋肉

非日常のおもてなし料理なのに、家にあるキッチン道具と調味料でできるレシピがこれ。しかも、豚肉を使うよりもボリューミーなひと皿になる冷凍しゅうまいを使った回鍋肉は、包丁もまな板も汚れないので時短にも、エコにもつながり一石二鳥。
もっとすごいのは、たくさんの調味料を揃えなくても、家にある調味料と「黄金の味」で作れるので、パーティーだけでなく日常の献立にも幅広く役立っちゃいます。
はっきりとした味付けは、子どもたちも大好き!野菜もたくさん食べてくれるので、ママたちから感謝の声も上がるかも。
大人が多いパーティーなら、倍の量作ってもペロリと平らげられちゃうはず。しゅうまいを使う意外性とアイデアには、みんな驚いてくれますよ。

材料 (4人分)

材料 (4人分)

・冷凍しゅうまい……9個(300g) 温めておく
・長ねぎ……1/2本 斜め5mm厚さの薄切り
・ピーマン……3個 ひと口大に切る
・キャベツ……1/4個(正味200g)ひと口大に切る
・にんにく……みじん切り 1片
・酒……大さじ1
・豆板醬……小さじ1~2
・サラダ油……大さじ1~2 炒め用
・ごま油……大さじ1 仕上げ用

【A】(混ぜ合わせておく)
・黄金の味 中辛……大さじ1.5
・みそ……大さじ2
・砂糖……大さじ1
・サラダ油……大さじ2

作り方

作り方

(1)フライパンにサラダ油、にんにくを入れて熱し、香りが立ったら長ねぎを加えて炒める。しんなりしたら豆板醬を加える。
(2)温めておいた冷凍しゅうまい、ピーマンを加えて炒め合わせる。キャベツをのせて酒をふり、フタをして中火で2分加熱する。
(3)【A】を加えて全体を混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

上手に作るポイント

上手に作るポイント

しゅうまいはできる限り大きめを選ぶと食べ応えが出るので、おすすめです。キャベツを入れたら炒めず、必ずフタをして蒸し焼き状態にするのが、キャベツの甘さを引き出す最大のポイント。
回鍋肉に限らず中華料理は、調味料の種類をそろえるのがひと苦労ですし、せっかく買った調味料が賞味期限切れになるまで冷蔵庫で眠っているなんてことも……。そんな時に活躍するのが、実は「黄金の味」。
果物や香味野菜など、ざまざまなおいしさがたくさん入っているので、特別な調味料を買わずに、これ一本で幅広い料理に使えるママの強い味方です。

マロン流・盛り付け方のコツ

皿に盛り付けたら、転がっているシュウマイは必ず上に向けて出してくださいね。仕上げにごま油を上からまわしかけましょう。つやが出ておいしそうに見えるだけでなく、風味も良くなり、しかも味にコクも加わります。
お皿は、白でももちろんOKですが、黒やグレーなら「本格的な料理」っぽく見えるので、料理上手なママとして、評判がアップすること間違いなしです。

PROFILE:マロン:1983年、日本初の「フードスタイリスト」として独立。独自の感覚で『魅せる』ハイセンスなスタイリングを武器に、雑誌、書籍、テレビ、ラジオなど多くのメディアや、全国のイベント・講演会などでダイナミックに活躍を続けている。「おいしい料理」「食の楽しさ」「食=健=美」を広く提案し続けている。(編集/ランサ―ズ)

TOPに戻る