インスタグラマー・らんまま(@ran.mamayo)の「プチッと鍋&黄金の味」で作る ボリューム満点! #おうち居酒屋 レシピ

インスタグラマー・らんまま(@ran.mamayo)の「プチッと鍋&黄金の味」で作る ボリューム満点! #おうち居酒屋 レシピ
家族や気のおけない友人とは、時間を気にせずリラックスしてお酒を飲みたいもの。そんなとき、冷蔵庫にある食材でパパッとおつまみを作れたらいいですよね。今回はInstagramで人気のらんままさんに、家飲みで出したい「おうち居酒屋レシピ」を2品教えてもらいました。どちらもボリューム満点だから、飲みの席がさらに盛り上がること間違いなし!

こんにちは、らんままです。わたしはInstagramで「#おうち居酒屋」というハッシュタグをつけて、家飲みに使いやすい大皿料理を紹介しています。大皿で出すと見た目にボリューム感が出ますし、みんなで同じものをつまみながらワイワイ飲めるのもいいですよね。今回は定番の揚げ物と、飲みの終盤で食べたい煮物をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。
韓国風肉じゃが

韓国風肉じゃが

【作り方】

しらたきは下茹でし、食べやすい長さに切ります。豚バラ薄切り肉は8センチ長さに切ります。じゃがいもは皮をむいて4つ切り、たまねぎは厚めのくし形切り、にんじんは5ミリ幅に切ります。

深めのフライパンか厚手の鍋にごま油をひいて豚肉を炒め、うっすらと色が変わったら野菜を加えて炒め合わせます。油がまわったら水と「プチッと鍋 キムチ鍋」を加え、しらたきを広げて乗せます。弱火にして落としぶたをし、20分ほど煮ます。じゃがいもがやわらかくなったら、器に盛って出来あがりです。

使ったのはコレ!

使ったのはコレ!

プチッと鍋 キムチ鍋
おつまみとはいえ、栄養面にも気をつけて塩分を控えめにするのがこだわりなんです。「プチッと鍋 キムチ鍋」は魚介のだしがきいていて、辛さの中にあとを引く旨みが◎。素材本来のおいしさをしっかり引き出してくれるので、テクニックいらずでお酒に合う味になります。
おいしさ&写真映えのポイント

おいしさ&写真映えのポイント

ごま油の香りと「プチッと鍋 キムチ鍋」のピリッとした風味が、お酒にピッタリ。このふたつは普段のおかずを居酒屋メニューに変身させるのに欠かせないから、ぜひ常備しておいて。盛り付けはトングで具材をひとつ置いたら90度回すのを繰り返して、十文字に高く重ねていくのがコツ。印影がしっかりしておいしそうに映ります。じゃがいもは煮くずれしやすいので、大きめに切っておくといいですよ。
スティック鶏からあげ

スティック鶏からあげ

【作り方】

鶏もも肉は余分な脂をとり、2センチ幅に切ります。鶏肉をポリ袋に入れ、「黄金の味 中辛」を加えて袋の上から混ぜ合わせます。さらに片栗粉を入れてポリ袋を膨らませてふり、全体に片栗粉をまぶします。

油を中温(170~180℃)に熱し、鶏肉を油に入れて揚げます。このとき鶏肉を菜箸などで持ち上げ、伸びた状態で油に入れましょう。油に入れたあとはできるだけさわらないでおくと、キレイな形に仕上がります。

約4分後、鶏肉を縦に持ち上げて油から出し、ゆっくり5つ数えたら、もう一度油に入れます。カラリと揚がったらすぐバットにあげて油を切りましょう。これを繰り返してすべての鶏肉を揚げ終わったら、お皿に盛り付けて出来あがりです。
使ったのはコレ!

使ったのはコレ!

黄金の味 中辛
まろやかな甘みと少しスパイシーな後味が、おつまみメニューの味付けにピッタリ。黄金の味のとろみがお肉によく絡んで漬け込まなくてもすぐ下味がつくので、忙しいときに便利だと思います。「中辛」とはいえフルーツの甘みがあるので、子どもにも大好評でした。
おいしさ&写真映えのポイント

おいしさ&写真映えのポイント

鶏肉を縦に持ち上げて、5つ数えるところがポイント。このひと手間で、二度揚げしたようなカリカリの仕上がりになります。お皿に盛り付けるときは、からあげを積み上げるようにして高さを出して。ボリューム感がアップして、インパクトのある写真が撮れますよ。

おいしそうな写真を撮るには、やっぱり光が重要。昼間なら自然光を入れるといいのですが、夜に撮影するときは蛍光灯の力を借りましょう。できれば明るさや色合いを調整できるものだと、その料理に合ったベストな光をつくれて便利です。

出来たてを撮るのも、大事なポイントです。料理は時間が経つほどにツヤがなくなっていきますし、お肉が硬くなった感じも出てきてしまいます。撮影するときは、できるだけ料理に近づきましょう。食材のツヤ感や湯気が映り込んで、よりおいしそうに撮れますよ。

らんまま(@ran.mamayo):お酒のお供にぴったりの大皿料理で人気を博す、新潟在住の働く主婦インスタグラマー。著書に「らんままの大皿晩菜(宝島社)」がある。ブログサービス「NAPBIZ」の公式アンバサダーを務める。監修/管理栄養士・フードコーディネーター藤井佑里子

TOPに戻る