お肉をおいしく調理する方法<豚ヒレ肉編>
2018.04.16

お肉をおいしく調理する方法
<豚ヒレ肉編>

「豚ヒレ肉」は豚肉の中で最も脂身の少ない部位で、豚肉の中では最もきめが細かくやわらかです。上品でたんぱくな味わいの肉なので、油を使った調理法がおすすめです。今回は、簡単においしく作れる「かんたん酢豚」の作り方と調理のワンポイントを、管理栄養士の資格をもつエバラ食品の菊岡がご紹介します。

特徴① 代謝に欠かせない「ビタミンB群」が豊富に含まれる

特徴② 糖質をエネルギーに変える際に必須の栄養素「ビタミンB1」の含有量が特に多い

「かんたん酢豚」の材料および作り方はこちら

「かんたん酢豚」の材料および作り方はこちら

<作り方>

① 豚肉は1.5~2cm角に切り、「黄金の味」で下味をつけ、片栗粉をまぶしてもみこみます。多めの油(大さじ3程度)を熱し、3~4分揚げ焼きにします。

② たまねぎは横半分に切ってから2cm幅に、にんじんは乱切りにし、ラップをして電子レンジ(600W)で約1分30秒加熱し、ピーマンは乱切りにします。

③ フライパンに油を熱し、②を炒め、①を戻し入れ、[A]を加えて炒め合わせて、出来あがりです。

<材料(2人分)>

豚ヒレブロック肉 200 g
たまねぎ、にんじん 各1/2個
ピーマン 2個
エバラ「黄金の味」下味用 大さじ1
片栗粉 大さじ1
サラダ油 適量
A ・エバラ「黄金の味」味付け用 大さじ5
・酢 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・片栗粉 大さじ1/2
・水 50 ml

調理のポイント

  • ヒレ肉を軽く叩いてそぎ切りにすることで、筋繊維が壊れ、よりやわらかく仕上がります。
  • 油と合わせることでパサつきがちな肉もおいしく調理できます。
  • 加熱しすぎると肉質が固くなるので注意が必要です。

お肉のワンポイントアドバイス

豚肉に含まれる「ビタミンB1」はネギやニンニクなどに含まれる「アリシン」と一緒に食べることで、体内に効率よく吸収され、疲労回復効果がさらにパワーアップします!お疲れ気味の方におすすめのメニューです。

コミュニケーション部 菊岡裕子

コミュニケーション部 菊岡裕子

管理栄養士
フードコーディネーター1級
お肉検定1級

2006年 エバラ食品工業株式会社 入社
マーケティング部にてメニュー開発を約10 年間担当
2016年 商品開発部にて「プチッとごはんズ」を開発
2018年 コミュニケーション部にてメニュー開発を担当

TOPに戻る