「黄金の味」1本で時短お弁当5種 <ミニハンバーグ~デミグラスソース~編>

「黄金の味」1本で時短お弁当5種 <ミニハンバーグ~デミグラスソース~編>

お弁当を毎日作っていると、味付けがワンパターンになるとお悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は「黄金の味」をデミグラスソース風にアレンジできるミニハンバーグ弁当の作り方をサルボ恭子さんに教えていただきました。リッチな味わいに仕上げるのがポイントです。

限られた時間の中でも家族が喜ぶお弁当を作りたいですよね。私は料理家としてほとんどのメニューを手作りしています。でも、それが偉いわけではありません。時間がかかるなら市販の調味料を使って効率よく作り、余った時間を自分のために使った方がいいと思っています。今回は「黄金の味」とトマトペーストを使い、簡単なのに本格派の味にしてみました。

ミニハンバーグ〜デミグラス風ソース〜の材料(2人分)

ミニハンバーグ〜デミグラス風ソース〜の材料(2人分)

・合挽き肉(牛・豚)……160g
・パン粉……小さじ1
・塩……少々
・横濱舶来亭 ローストオニオン……30g
・黄金の味 中辛……大さじ3
・トマトペースト(濃縮タイプ)……大さじ2
・しめじ……1パック(約100g) 石づきをとってほぐす
・サラダ油……小さじ1

作り方

作り方

(1)挽き肉とパン粉、「横濱舶来亭 ローストオニオン」をボウルに入れ、ハンバーグのタネを作ります。時間がかかると、手の温度が伝わって挽き肉が傷みやすくなるので手早く混ぜましょう。ハンバーグの旨味を「横濱舶来亭 ローストオニオン」で演出。長時間玉ねぎを炒める手間をカットしています。
(2)ハンバーグのタネを丸めます。欲張って大きく作らず、お弁当箱の深さや、入れる個数を考えながら成形しましょう。盛り付けも美しく仕上がります。
(3)フライパンにサラダ油を引き、ハンバーグを中火で焼きます。焼き色がついたら裏返して蓋をして、弱火で3分蒸し焼きにします。
(4)しめじをハンバーグの隙間に並べます。「黄金の味」とトマトペーストを混ぜ合わせたソースをかけ、再び蓋をしてしめじに火を通します。3〜4分ほど待って、しめじがしんなりして汁が出ていたら火が通ったサイン。しめじとハンバーグをソースに絡ませて完成です。

野菜ときのこで栄養たっぷりに!

野菜ときのこで栄養たっぷりに!

ハンバーグはごはんが進む大人気のおかずです。一緒に調理したしめじも隙間に詰めて食物繊維をとれるお弁当にしました。

にんじんときゅうりで華やかに仕上げる

にんじんときゅうりで華やかに仕上げる

副菜にはフランス料理のキャロットラペからヒントを得たサラダを入れています。千切りにしたにんじんを「浅漬けの素」で和えて、軽く水分を絞ってからミックスナッツとレーズンを加えました。
ごはんは、みじん切りにしたパセリをふって見た目の変化を演出。さらに、うずらの卵の水煮、乱切りにしたきゅうりを「浅漬けの素」で10分漬け、ごはんに添えています。お肉と野菜の栄養が詰まったお弁当が出来あがりました。

浅漬けの素 レギュラー
https://www.ebarafoods.com/products/detail/AR500.html

料理上手な母の作ったお弁当の思い出

私の祖母も母も料理が得意で、母の作るお弁当は毎回とても豪華でした。家族でピクニックをするときには、いつもお弁当の蓋を開けるのが楽しみだったのを覚えています。子ども時代のお弁当の記憶は何歳になっても残っているものです。お弁当を通してご家族の素敵な絆を深めてください。

PROFILE:サルボ恭子
 料理家。フランス・パリで料理と製菓を学び、名門ホテルでの勤務を経て帰国。現在は料理教室を主催し、テレビや雑誌でも活躍中。著作に「おかずは3品でOK!
 サルボさん家の毎日弁当」(講談社)など。Instagramのアカウントは@kyokosalbot。(編集/ランサーズ)

TOPに戻る