エバラがお肉トレンドを大調査!今年もお肉界をけん引するのは・・やっぱり“●●肉”!
2018.04.16

エバラがお肉トレンドを大調査!
今年もお肉界をけん引するのは・・
やっぱり“●●肉”!

長年にわたり“お肉”に寄り添ってきたエバラが、「食事と栄養に関する、意識と実態の調査」を実施しました。
その結果、今注目の肉料理や、調味料の使用実態などが明らかになりました!

調査結果①

赤身肉や野菜とあわせたメニューなどヘルシー系のお肉料理に大注目!

「関心がある肉料理」を調査したところ、昨年大流行した「チーズタッカルビ」や「プルコギ」を抑えて1位となったのは「ヒレなどの赤身肉ステーキ」でした。また、野菜にお肉をのせた「お肉サラダ」や赤身肉が使われる「ローストビーフ丼」が上位にくるなど、ヘルシー系のお肉料理に注目が集まっていることがうかがえます。

関心がある肉料理
調査結果②

おいしくズボラが理想?6割の人が料理を面倒と感じている!

料理の悩みについての調査によると「料理をつくるのが面倒」「料理のレパートリーが少ない」と感じている人が多いことがわかりました。面倒だと思う気持ちが、いろいろな料理に挑戦する意欲を起こさせないのかもしれません。

料理の悩み
調査結果③

使わないなんてもったいない!「焼肉のたれ」を活用している人は3人に1人

「よく使う調味料」を調査したところ、1位「だし」、2位「ドレッシング」、3位「マヨネーズ」となりました。お肉を食べる機会が増えていても、肉用調味料をうまく活用している人は少ないようです。

よく使う調味料

エバラ食品では肉用調味料をもっと上手に活用してもらうことで、料理が苦手な方や何かと忙しい方にも、お肉料理をもっと身近に楽しんでもらいたいと考えました。「お肉ステーション」では、長年にわたりお肉に寄り添ってきたエバラだからこそ知っている「赤身肉の特徴」と「赤身肉をおいしく簡単に調理する方法」についてご紹介していきます。

調査概要:「食事と栄養に関する、意識と実態の調査」
調査期間:2018年3月13日(火)~16日(金)
調査対象および有効回答数:合計724人(男性122人、女性602人)

内訳① 小学生の子どもを持つ女性(※1)245人② 20~30代の働く女性238人③ 60歳以上のシニア241人
調査方法:インターネット調査(※2)
調査地域:全国

  • ※1対象①は、回答者自身ではなく小学生の子どもについてのアンケートです。
  • ※2小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計が100パーセントにならない場合があります。

TOPに戻る