mull

横浜が地元の「エバラ」と「TSUBAKI食堂」がコラボ!TSUBAKI食堂のオーナーシェフ椿氏がエバラの商品と横浜野菜の魅力をレポートします!

黄金の味で至極のカオマンガイ

【シーラボ☆黄金の味アレンジレシピ】レンジで簡単エスニック! 「黄金の味」で作るたれが絶品です!

  • 調理時間20分+
  • エネルギー461kcal
  • 塩分:1.4g
  • たんぱく質:27.1g

null使うのはコレ!

黄金の味 中辛黄金の味 中辛
黄金の味 甘口黄金の味 甘口
YOKOHAMA エバラ x TSUBAKI食堂 横浜のおいしさ再発見!

横浜が地元の
「エバラ食品」と「TSUBAKI食堂」が
コラボし、
横浜の農産物の魅力を
紹介いたします。

null
TSUBAKI食堂オーナーシェフ 椿直樹がレポート

横浜地元農産物
味わおう!

TSUBAKI食堂オーナーシェフ 椿 直樹が

横浜地元農産物
美味しさ楽しみ方紹介!

地元横浜の生産者の畑を訪問し、
丁寧に育まれた農産物の収穫を体験。
エバラ食品の調味料と収穫した農産物を
活用した
レシピを紹介します。

nullnullnullnullnull
null

横浜にはおいしい食材がたくさん!

横浜は、実は農業が盛んで、多種多様な品種が栽培されているほか、ブランド豚やブランド牛などの畜産業も元気です。地元で収穫できる野菜や果物は、濃厚で豊かな香りと味わいを持っています。そんな横浜の地元の農産物の美味しさと魅力をここでどんどん広めていきたいです。

TSUBAKI食堂

TSUBAKI食堂について

null

お肉料理と横浜野菜

TSUBAKI食堂

2020年8月オープン

フレンチ出⾝のオーナーシェフ 椿 直樹が、横浜の魅力をもっと知ってほしいという思いで辿り着いた形がTSUBAKI食堂というレストラン。地元横浜の新鮮で美味しいお⾁や畑から直接仕入れるお野菜を活⽤して、美味しく楽しい、オンリーワンの味わいをお客様に提供しています。まさに横浜の魅⼒や『地産地消』が「⾷」を通して体験できる店です。また店頭での地場野菜の直売や50人以上のお付き合いがある地元⽣産者の⽅々とのイベントなど「横浜」を感じられる店を⽬指しています。

SHOP DATA

〒231-0005
横浜市中区本町6丁目50番地の10
横浜市市庁舎内商業エリア ラクシスフロント2F
TEL:045-211-4300

営業時間:ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~22:00

TSUBAKI食堂 公式サイト
null

オーナーシェフ

椿 直樹 Naoki Tsubaki

Profile

フレンチレストラン、ホテルでシェフとして経験と実績を積む傍ら、横浜野菜の魅力を広く伝えるため2003年「横浜野菜推進委員会」を設立。その取り組みが評価され2009年、神奈川県で唯一の農林水産省「地産地消の仕事人」に認定される。2010年「濱の料理人」を立ち上げ、2011年に起業し(株)よこはまグリーンピースを設立する。
2012年2月、横浜市西区戸部町で地産地消居酒屋「横濱うたげやど根性ホルモン」を開店し、大繁盛させ2013年4月、横浜市西区北幸に移転。座席数が前店舗の3倍と規模を拡大し、店名も「大ど根性ホルモン」に変更。横浜市内産の食材を90%以上使用し続けた。(2020年9月閉店)
また市内生産者と協力し、農業体験や料理教室、主催バスツアーなど店内外で地産地消の様々なイベントも行う。2020年8月、横浜市新市庁舎内の商業エリア ラクシスフロントに「TSUBAKI食堂」をオープン。これまでの地元生産物を活かすコンセプトはそのままに、「肉と横浜野菜」というコンセプトで、より幅広い層へ、横浜の魅力をアピールできるレストランとして活動中。

null
TSUBAKI食堂オーナーシェフ 椿直樹がレポート

横浜地元農産物
味わおう!

Report

01

歴史ある農園で
新鮮な野菜を堪能!
〜保土ヶ谷区 苅部農園〜

null

第1回目は、横浜市保土ヶ谷区西谷にあります苅部農園にお邪魔しました。
苅部農園さんは、江戸時代から代々続いている農園で、年間を通じて約100種類の品種を栽培しています。苅部農園の13代目 苅部博之さんは、「フレスコ(神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷町962)」 という直売所も運営していて、その日に収穫した野菜をその日のうちに販売するということも行っています。農業塾といった、農業従事者になりたい人のための活動もされていて、アクティブに活躍されている方です。

収穫体験

はじめに苅部農園の畑に一緒に行き、収穫体験をさせていただきました。
保土ヶ谷西谷の丘の上、住宅地の中にある農園です。遠くに富士山が見えています。天候にも恵まれ、最高の収穫体験となりました。

nullnull

まずはにんじん、大根などの根菜類を収穫しました。
力任せに抜くと折れてしまうので、しっかり持って、徐々に揺らしながらゆっくり引き抜いていくのがなかなか難しい。

結局、上手く抜けるように苅部さんに手伝ってもらいました。

次にサニーレタス、キャベツなどの葉菜類を収穫しました。
両方ともかなりの大きさに育っており、水分をたくさん含んでいるので重量もかなりもの。特に春の野菜は水分を豊富に含んでいて、癖が少なくてとても食べやすい。

nullnull

そして、最後にサヤエンドウとスナップエンドウの収穫をしました。
豆類は、旬の時期が短く、通常は10日程度。新鮮なサヤエンドウは朝日に当たると中が透けて見えます。今回収穫したサヤエンドウも朝日に当たり透けていました。
以前、苅部さんから空豆をいただいて、とても美味しく食べさせていただいたことがありました。空豆は特に扱いが難しいらしく、美味しく作れる苅部さんは、やはり一流の生産者なのだと話したら、本人は「一流になれるよう頑張ります」とご謙遜されていました。

新鮮で美味しそうな野菜が収穫できたので、今度は収穫した野菜を使った料理を作っていきます。

料理

収穫した野菜(にんじん、だいこん、サニーレタス、キャベツ、サヤエンドウ、スナップエンドウ、サラダカブ、新たまねぎを使って3種類の料理を作っていきます。

まず一品目は、新鮮なキャベツを使って「キャベツのグリル」を作りました。エバラ食品の「浅漬けの素 レギュラー」を使用しています。さわやかでキャベツの旨味と甘さを引き出した料理です。

作り方も簡単で、レモン、塩、砂糖、にんにく、昆布、水を合わせた調味料にカットしたキャベツを入れ蒸し煮にします。火を止めて冷ましたら、水気を切って、オリーブ油を入れたフライパンで焼き色をつけます。

仕上げに「浅漬けの素 レギュラー」とカレー粉、アンチョビ、ヨーグルトを混ぜたタレをたっぷりとかけていただきます。

実際に食べてみると、蒸し煮にしているので、芯まで柔らかく、キャベツの甘味、うま味を引き出し、とても美味しかったです。

nullnull

二品目は、「サラダチャパティ」を作りました。
チャパティは、薄力粉、塩、サラダ油、そして水を合わせるだけで簡単に作れる、インド料理のナンみたいなものです。
チャパティを土台に、「プチッとうどん 明太子うどん」を絡めた新鮮な野菜を乗せていただきます。

チャパティでくるむように食べたら、新鮮な野菜と明太子の味が口一杯に広がります!

野菜の美味しさとプチッとうどんの明太子味がマッチして、とても美味しかったです。
野菜はなんでも合うとおもうので、いろいろためしてみてください。

nullnull

三品目は、「春野菜(旬野菜)のホットサラダ」を作りました。
エバラ食品の「スチームベジ レモンハーブ味」を使って、本当に簡単に作れます。
野菜をカットし、「スチームベジ レモンハーブ味」に入れて中身を良く馴染ませて電子レンジで加熱します(500Wで5分間)。
今回は外での撮影となりましたので、苅部さん宅の電子レンジをお借りさせていただきました。

出来上がったものを器に盛り付け、オリーブ油をかけたら出来上がり!
簡単ですが、とっても美味しいので、ぜひお試しください。

nullnull

作った料理はどれも野菜のうまみを引き出していて、横浜の農産物の質の良さを感じました。
エバラ食品の調味料がより野菜の良さを引き出していました。

苅部さん、今日は美味しいお野菜をいただき、ありがとうございました。

null

生産者のご紹介

苅部 博之さん

苅部農園 代表

苅部 博之 さん(横浜市保土ヶ谷区)

Profile

江戸時代から続く農家の13代目。横浜市保土ヶ谷区で年間約100品目の露地野菜と果樹を栽培する。野菜は約20年前にオープンした直売所「フレスコ」にて直売し、収穫したものをその日のうちに販売できる地産地消を目指した都市農業を実践している。直売所フレスコでは、こだわりの野菜が年間で100種類、常時20~30種類を新鮮な状態で店頭に並ぶ。
「苅部大根」「苅部ねぎ」などのオリジナルブランドの品種開発も手がける。就農希望者を支援する「農業塾」・「百姓塾」代表、全日本鍬検定会長、若手農家のグループ「神七(かなセブン)」代表。メディア出演・講演も多数受ける。

椿シェフが考案!
美味しいレシピ

キャベツのグリル 調理時間:30分

キャベツのグリル
使うのはコレ!
浅漬けの素 レギュラー

浅漬けの素 レギュラー

材料(4人分)

キャベツ
1/2個

レモン
1個分

(A)

浅漬けの素 レギュラー
50ml
カレー粉
1g
アンチョビ(みじん切り)
3本
ヨーグルト
100g

(B)

小さじ2
砂糖
大さじ1
にんにくスライス
1片
1ℓ
昆布
2cm四方

オリーブ油
大さじ2

作り方

  • キャベツを3等分に切ります。
  • レモンはよく洗い、厚さ3mmに切って、(B)と合わせます。
  • ①と②をフライパンに入れ火にかけます。沸騰したら蓋をして弱火で10分蒸します。
  • 上下を返して、さらに10分蒸した後、火を止めて冷まします。
  • 冷めたらキャベツの水気をきります。フライパンでオリーブ油を熱し、焼き色がついてきたら上下を返し、両面にしっかりと焼き色をつけます。
  • (A)を合わせ、⑤にたっぷりとかけ、お皿に盛り付けたら出来あがりです。

料理のポイント

キャベツは事前に蒸すことで、芯まで柔らかくいただけます。

サラダチャパティ 調理時間:40分

サラダチャパティ
使うのはコレ!
浅漬けの素 レギュラー

プチッとうどん 
明太子うどん

材料(4人分)

プチッとうどん 明太子うどん
1個

(A) チャパティ

薄力粉
300g
小さじ1
サラダ油
小さじ1
260ml

(野菜)

サニーレタス
1/8束
サヤエンドウ
3本
スナップエンドウ
3本
にんじん
1/3本分
サラダカブ
1/4個分
新たまねぎ
1/6個分

作り方

  • チャパティの生地を作ります。
    ボールに(A)を入れ、よく練ります。
    丸くまとめて30分くらい寝かせ、4等分します。
    手の平で薄く伸ばしてフライパンで両面を焼きあげます。
    両面が焼きあがったらお皿に載せます。
  • サヤエンドウ、スナップエンドウは筋を取ります。にんじん・新たまねぎは薄切りにし、サラダカブはくし形切りにします。
  • ②とプチッとうどんを和えます。
    ※10分ほどおくと味がなじみます。
  • ①に、ちぎったサニーレタス、②の順に乗せて、
    出来あがりです。

料理のポイント

プチッとうどん 明太子うどんとお野菜を和えて10分ほどおくと味がなじみます。

春野菜(旬野菜)のホットサラダ 調理時間:10分

春野菜(旬野菜)のホットサラダ
使うのはコレ!
スチームベジ レモンハーブ味

スチームベジ 
レモンハーブ味

材料(2〜3人分)

スチームベジ レモンハーブ味
1袋

(A)

キャベツ
1/8個分
サヤエンドウ
3本
スナップエンドウ
3本
にんじん
1/2本分
大根
1cm分
サラダカブ
1/4個分
新たまねぎ
1/5個分

オリーブ油
大さじ1

作り方

  • キャベツはざく切り、大根はいちょう切り、サラダカブと新たまねぎはくし形切りにします。サヤエンドウとスナップエンドウは筋を取ります。
  • ①の野菜をスチームベジに入れ、調味料が全体にいきわたるように軽く10回ほど振り、電子レンジ500Wで5分、加熱します。
    ※火が通っていない場合は、お皿に移しラップをかけ、様子を見ながら30秒ずつ再加熱してください。
  • ②をお皿に移し、オリーブ油を回しかけて出来あがりです。

料理のポイント

お野菜は切る大きさを揃えると均一に熱が入ります。

Report

02

2024年7月
公開予定

Report

03

2024年9月
公開予定

エバラCLUB

エバラCLUBとは? 会員登録・ログイン

TOPに戻る