夏バテ回復にはやっぱり肉!! 大事なのはつけ合わせ?

夏バテ回復にはやっぱり肉!! 大事なのはつけ合わせ?
「まだまだ残暑が厳しい季節。最近は気温の変化も大きく、真夏よりも疲れを感じているという方も多いのではないでしょうか。そんなときには、やっぱり肉料理がおすすめです」と話すのは、管理栄養士であり、料理研究家の五十嵐ゆかりさんです。

体の細胞を元気にする!アミノ酸

疲労回復には体の細胞を元気にする材料が欠かせません。肉に含まれる動物性たんぱく質には、細胞の原料になるアミノ酸が豊富。暑さでダメージを受けた細胞を修復したり、再生するのに欠かせない栄養素です。

それだけではなく、たんぱく質には、細胞を元気にして免疫力の向上を助ける働きもあります。風邪をひきやすくなるこれからの季節に向けて、今のうちからしっかり体調を整えておきましょう。
 
使うのは牛肉でもいいですし、豚肉もおすすめ。とくに豚肉には疲労回復に欠かせないビタミンB1がたっぷり含まれています。豚肉の脂身が気になるという人は、ヒレ肉を使いましょう。脂肪の摂取がおさえられるだけではなく、ヒレ肉は豚肉のなかでもビタミンB1が豊富なので、一石二鳥です。
おろしにんにくをトッピング

おろしにんにくをトッピング

「調理のときは、ぜひ豚肉と相性がいいにんにくを一緒に使ってください。にんにくに含まれるアリシン(硫化アリル)には、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるからです。しょうゆにんにくにして肉の下味に使ったり、さっと塩・こしょうで焼いた豚肉の仕上げにおろしにんにくをトッピングするだけでも、味のアクセントになって、おいしいですよね」
ビタミンACE(エース)のかぼちゃと一緒に

ビタミンACE(エース)のかぼちゃと一緒に

副菜やつけ合わせにも、疲労回復効果の期待できる野菜を使いましょう。かぼちゃやにんじんなどの色の濃い緑黄色野菜には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが豊富です。これらの3つのビタミンは、「ビタミンACE(エース)」と呼ばれるほど、抗酸化や免疫の働きに欠かせない栄養素です。しかも、一緒にとることで、それぞれの働きが高まるという相乗効果もあるのです。

「実は、ゴーヤもおすすめ。夏が旬の食材ですが、夏が過ぎてもまだ手に入りますし、なんといっても、ビタミンCが豊富。それだけでなく、苦み成分でもあるモモデルシンが消化吸収を助けてくれるんですよ。これらの野菜を豚肉、にんにくと一緒に炒めてみてください。きっと元気が出てきますよ」
スタミナビビンバ丼
おすすめレシピ!

スタミナビビンバ丼

お肉と野菜がバランスよく食べられる!具とご飯をよく混ぜて食べよう!

取材・文/角田奈穂子
 編集/サンキュ!編集部

TOPに戻る