RECRUIT SITE

エバラを知る

名古屋支店 業務用商品課 /2016年入社

杉本 裕美すぎもと ひろみ

 

外食や中食向けに業務用商品を扱う営業をしています。飲食店の料理長や学校給食の栄養士、スーパーマーケットの惣菜売場のバイヤー等、さまざまなお客様がいるため、業態ごと・お客様ごとの知識が必要です。例えば飲食店にメニュー提案をする場合、事前に既存メニューをチェックしたり、実際に食べに行ったりして、お店のコンセプトに合った商品やレシピを考えます。料理のプロを相手に商品の魅力や調理のコツなどを伝えるため、調理技術を身につける必要がありますが、自分が考案したレシピがメニュー化された時には、とてもやりがいを感じます。

とある1日のスケジュール

起床
最近は名古屋城の周りをランニングしてから出勤しています。
朝から運動をすると気持ちよく仕事がスタートできます。
出社
今日一日の流れを確認し、業務時間に無駄がないよう、仕事を組み立てます。
移動
商談
取引先の卸店に商品の案内をします。商談資料の表紙は華やかにするなど自分なりに工夫をしています。
昼食、移動
ユーザープレゼン
飲食店や温浴施設の食堂などに伺い、提案メニューを目の前で調理し、料理長に試食していただきます。外食店向けに味だけでなく、盛り付けや彩りも意識してつくります。
試食会
卸店の方にエバラ食品の商品をよく知ってもらい、さらに拡売してもらうため試食会を行います。ここでたくさんのご意見をいただき、新たな営業活動に繋がることが多くあります。
移動、退社
野球観戦
社内の同期、先輩方と野球観戦や食事にも行きます。職場の雰囲気も和気あいあいとしていて、相談しやすい環境です。
就寝

若手社員へのアンケート

私がエバラを選んだ
理由は?
就職活動中に最も「ありのままの自分」を出せたからです。私は100社近い会社を受けましたが、「いかに自分をよく見せるか」ということばかりを考えていて、だんだん本当の自分を見失ってしまいました。そのような中、エバラ食品の選考会では、面接官の方が質問に対してうまく答えることのできない私の話をじっくりと聞いてくださり、素の私を引き出してくれたことが印象的でした。さらに、就活生一人ひとりをしっかりと覚えていて、「一緒に働く仲間を本気で探している」という熱意がとても伝わってきました。ありのままの自分を出すことができたこの会社でならば、自分らしく働き続けることができると思い、入社することを決めました。
入社後の感想は?
入社前とのギャップはありませんでした。みんながエバラブランドに誇りを持ちながら仕事をしていて、この会社を選んでよかったと感じています。また、若手にチャレンジさせてくれる風土 があることを入社後、あらためて実感しています。入社間もない私にも得意先を任せてくださり、自ら考え提案したものが、得意先のイチ押しメニューになり、会社の売上げアップにつながるという成功体験を積むことができました。いろいろなことにチャレンジする重要性、失敗してもそこから学ぶことが自分の財産になると教わりました。先輩方が熱心に相談に乗ってくださり、一生懸命取り組めばしっかりサポートしてもらえる環境なので、私にとって最高の会社だと思っています。
仕事をするうえで
意識していることは?
私は『お客様の課題解決のお手伝い』を常に意識して、日々仕事に取り組んでいます。ときには電子機器の初期設定がわからないと言われ、お手伝いしたこともありました(笑)。売り上げには全く関係のないことでも、自分ができるお手伝いをすることで、お客様との信頼関係が次第に築かれ、結果的に仕事の成果につながっていくと実感しています。会社名やブランドはもちろんですが、人と人との信頼関係によって、より成果が出る仕事だと思います。食品以外の流行にもアンテナを張り巡らせて、お客様から頼られる存在になりたいです。
学生へのメッセージを
お願いします。
就職活動は約40年間働く職場を決めるための大切な時期なので、「大変なもの」「つらいもの」と捉えるのではなく、前向きに捉えて行動してもらいたいです。また、会社に自分を合わせるのではなく、自分が活躍できる会社を納得いくまで探し求めてもらいたいと思います。ホームページ等の文章では伝わらないものも多くありますので、説明会に参加したり、選考会などで出会う社員と積極的に話をしたりして、 自分の目でしっかりと見極めてもらいたいと思います。就職活動という自分と向き合う機会をぜひ楽しんでください。私もみなさんと働けることを楽しみにしています。

TOPに戻る