RECRUIT SITE

エバラを知る

研究本部 食品研究所 テクニカルセンター/2017年入社

小田 真希おだ まき

 

食品研究所のテクニカルセンターという部署に所属しており、外食・中食向けの業務用製品の開発を担当しています。具体的には、製品の味づくりをする試作業務や、工場で量産化するための生産工程の検討、生産性の確認といった生産技術業務を行っています。他部署の方と仕事をする機会が多く、しっかりとコミュニケーションをとることが重要です。

とある1日のスケジュール

起床
出社、掃除
会社に着いたらまず、エバラのブランドカラーである赤のポロシャツに着替えます。今日も1日気持ちよく仕事ができるように、毎朝試作室の掃除をします。
試作
新製品の味づくりを行います。小さな鍋にさまざまな原料を混ぜ合わせて試作をします。原料は何百種類とあるので何を組み合わせるか、かなり悩みます。
昼食
昼礼
毎週1回、課内で予定の共有、進捗報告をします。
分析
製品の分析を行います。分析結果を見て、製品の安全性を判断します。
打ち合わせ
開発の方と一緒にできあがった製品の味を確認します。実際にお肉や野菜、麺などと合わせて調理・試食をし、味の方向性を定めます。
終業
バスケ
大好きなバスケをして心身ともにリフレッシュ!仕事で食べることが多いので、健康維持のために運動は欠かせません。
就寝

若手社員へのアンケート

私がエバラを選んだ
理由は?
社員に魅力を感じたからです。説明会や選考会の際に、イキイキと会社の魅力を語る方、気さくでおもしろい方、バリバリと仕事をこなしている女性社員の方。そのような社員の方々と接するなかで、「ここで一緒に働きたい」、「こんな社会人になりたい」という思いが次第に湧いてきました。また、『黄金の味』や『プチッと鍋』など、エバラ商品のファンであり、好きな商品の開発に携わりたいと思ったからです。
入社後の感想は?
歓迎会でバンド演奏をしてくれる上司がいたり、自己紹介でダンスを披露する同期がいたりと、個性的でおもしろい人が多いです(笑)。仕事については、若いうちから新商品の開発など責任のある仕事に携わることができるのでやりがいがあります。覚えなければならないことが多く、苦労もありますが、上司や先輩が一つひとつ丁寧に指導し、フォローしてくださるので安心して取り組めます。そういった縦の繋がりがしっかりしているところもエバラ食品の良さだと感じています。
仕事をするうえで
意識していることは?
「試行錯誤を重ねること」です。味づくりは何百種類もある原料の中から選定し、組み合わせて作っています。イメージする味に近づけるため、根気強く試作をし、試行錯誤を重ねることがよりよい味づくりへとつながります。営業の方が自信を持ってお客様に提案できる、そしてお客様に満足していただけるような製品をつくることが私の使命だと考えています。
学生へのメッセージを
お願いします。
就職活動は、働くうえで自分が一番大切にしたいこと(軸)をしっかり持って挑んでください。職種、収入、やりがいなどいろいろあると思いますが、「これ!」という軸を持つことで自分にあった会社を選びやすくなると思います。ちなみに私は「会社や社員の雰囲気」を軸にして活動していました。
この時期は、不安や焦りもあるかもしれませんが、自信をもって前向きに!自分らしさを大切にしながら、悔いのない就職活動にしてください!

TOPに戻る