RECRUIT SITE

エバラを知る

東京支店 家庭用商品第一課/2013年入社

福重 大地ふくしげ だいち

 

主に神奈川県のスーパーや卸店などの得意先に対して営業をしています。企業ごとの特性に合わせた販促提案の商談や、スーパーでの売場メンテナンスなどが主な仕事です。食品メーカーの営業として、生鮮食品の知識や調理法、自社の商品や他社商品の知識なども必要になるため、普段の生活でも常にアンテナを張り巡らせて情報を得ようとするスタンスが大切です。

とある1日のスケジュール

起床
出社
始業前にメールチェック、行動予定の確認、商談資料の見直しなどを行います。
得意先スーパーへ移動
車内では、商談やプレゼンで話す内容を頭の中でシミュレーションすることが多いです。
新商品プレゼン
発売する新商品のプレゼンをします。精肉市場やたれ市場、鍋市場の分析結果を絡めながら、エバラ食品として得意先の売上を拡大するための提案を行います。プレゼンする商品特徴を説明した後に自分で調理したメニューを試食していただきます。
移動~昼食
営業車で移動。移動中は運転に細心の注意を払います。
商談開始
エバラ商品の販売実績報告や昨年の販促状況の確認をバイヤーと折衝します。スーパーが売り込みたい生鮮と絡めた販促提案や、試食販売、BBQやキャラバンカーイベントなどの提案も行います。
移動~帰社
内勤
プレゼン・商談結果を上長に報告し、バイヤーからの要望や宿題を回答するための資料作成などを行います。得意先とのアポを取り、商談資料の作成や試食用の食材の下ごしらえも行います。
スポーツ
近所の体育館で大好きなバスケットボールをして汗を流します。趣味に打ち込むことで仕事の疲れも吹き飛びます。
就寝

若手社員へのアンケート

私がエバラを選んだ
理由は?
「食べることが好き」「一緒に働きたいと思う社員が多い」という2点です。食事の時間が最も楽しい私は、食に携わる仕事がしたいと思い食品業界を受けました。なかでも、エバラの説明会が最も社員が明るく元気があり、社員のみなさんがとても楽しく仕事をしていると伝わってきたため、「一緒にあの社員さんと働きたい!」と思い選びました。
入社後の感想は?
とにかく社員に元気とパワーがあり、いい意味で皆さん似ているなと感じました。部署間の壁もないため、私の所属する営業以外の方々も気さくに話しかけてくれるので、すぐに会社に馴染むことが出来ました。入社前後のギャップは本当になかったです!
仕事をするうえで
意識していることは?
相手と真正面から向き合い、自分という人間をいかに受け入れてもらえるかだと思っています。基本的なことですが、「元気な挨拶」「目を見て対話する」「相手の話をしっかりと聞く」、この3点はどんな場面でも意識して仕事をしています。“自社商品を買ってもらうには、まず自分を買ってもらう”、エバラ食品の代表として胸を張って営業するために必要なことだと思っています。
学生へのメッセージを
お願いします。
就職活動は長くつらいかもしれませんが、自分を見つめなおす有意義な期間だと思います!たくさん悩んで、自分に合う会社を探してください!そのなかで、「自分は食べることが好き!」「明るく元気に仕事がしたい!」と思っている方には、エバラはぴったりです!一緒に働けることを楽しみにしています!

TOPに戻る