mull

働きがいがもてる人事制度

「キャリア等級」と「職責・職務ランク」

エバラ食品では、働く社員一人ひとりが自らの存在感と成長を実感しながら、よりおもしろさを感じて働くことが、会社のさらなる成長の原動力になると考えています。
成長と活力は、一人ひとりが自らの役割をしっかり認識したうえで、持てるパワーを十分に発揮し、攻めの姿勢で日々さまざまな課題にチャレンジすることによって生み出されるものと考えています。その成長と活力を生み出す仕組みとして、当社独自の「キャリア等級」と「職責・職務ランク」という制度を導入しています。

人事評価と処遇

エバラ食品では、業務目標の達成度を評価する"業績評価"と、「理念」や「求める社員像」に対する行動を評価する"アクション評価"から構成される評価制度を導入しています。
この評価制度は「社員自身が成長実感を持つこと」、また「ブランドを体現する社員を育成すること」を目的としています。そのために年2回「人材育成会議」を開催し、直属の上司だけではなく、周りの部署の意見も取り入れた複数の眼で、社員一人ひとりの評価や育成計画を話し合っています。個人のがんばりを公正に評価し、長期的視点で育成を図ることで、「働きがい」を感じられるシステムとなっています。

  • ひとりの部下について複数の管理職が話し合う
  • 会議全体で評価や成長過程、育成計画の内容を確定
  • 直属の上司が本人へフィードバック

TOPに戻る